秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > アフリカ方面
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

こちらも更新中!マニアックな旅人へ

金子貴一のマニアックな旅

ツアーレポート アフリカ方面

モロッコの旅/ Morocco

大西洋岸・アトラス山脈・サハラ砂漠!
変化に富んだ自然・景色移り変わるモロッコ

大西洋岸の港町やリゾート地があり、スペインを対岸にジブラルタル海峡を擁し、アトラス山脈がそびえ、サハラ砂漠が広がるモロッコ。一カ国でこれだけの多様な景色を持つ国は多くはありません。
  魅惑の迷宮フェズ・エル・バリ
迷宮という言葉がぴったりなフェズ・エル・バリ、そして変わりゆく庶民の生活。1000年の「生きている世界遺産の町」を訪れてみれば、時代の変化の中で守られる伝統や美と出会うことができることでしょう。
モロッコ周遊
昔ながらの生活を守り続けるモロッコ人達の息吹きを感じ、アトラス杉の匂いを嗅げば、我々はここでは異邦人なのだと再確認させられます。
     

チュニジアの旅/ Tunisia

地中海とサハラが出会う国
チュニジア周遊

飛行機を降りた瞬間、むっとした暑さを感じたチュニス・カルタージュ空港。12月末とはいえどアフリカらしい暑さが私達を迎えてくれました。
  地中海とサハラが出会う国
チュニジア

真っ青な地中海、フェニキア・ローマの古代遺跡、雄大なサハラ砂漠、アラブの雰囲気を残す旧市街・・・チュニジアの魅力は様々で、一言ではなかなか表すことができない。

ケニア・タンザニアの旅/ Kenya・Tanzania

スワヒリ文化が息づくザンジバルとキルワの史跡群を訪ねて
東アフリカ、インド洋に面した都市に残る知られざる遺跡を求めて2012年よりはじまったタンザニア島嶼部を訪ねるツアー。 中世以降、インド洋交易を舞台に興った都市文明を辿り、スワヒリ地方の魅力に迫ります。
     

アルジェリアの旅/ Algeria

タッシリ・ナジェールを歩く
“グレート・ディスカバリー”そう呼べる発見がこの世界には幾つもあります。サハラ砂漠に眠っていた大画廊、タッシリ・ナジェールの発見もその一つです。
  砂漠に眠る太古の岩絵
歩かずに行くタッシリ・ナジェール

サハラの民、トアレグ族の言葉タマシェク語で「水のある台地」という意味を持つタッシリ・ナジェール。アルジェリア、リビア国境地帯に広がるこの地には、太古の昔に描かれた岩絵が数多く残っています。岩絵には、それぞれに描かれた時代背景があり、絵そのものがサハラの歴史を物語っています。
アルジェリア・サハラの美
サハラの岩絵からリビア国境に広がるティン・メルズーガまで!

「歩かずにいくタッシリ・ナジェール」歩くことなく、4WDで確かにタッシリ・ナジェールの台地の下にある岩絵を見ることは可能です。では、何が見られるのか、どんな景色が広がっているのか・・・詳しくご紹介いたします。
  アルジェリアに残るローマ遺跡と信仰に守られたムザブの谷
ティパサやティムガッド、ジェミラなどのローマ遺跡を散策して見比べることができるのはもちろん、移動の最中にアルジェリアの自然や町の様子の変化もご覧いただける、アルジェリアを満喫できるツアーです。

アルジェリア探訪
隣国リビアやチュニジアに引けを取らないローマ遺跡、独特の生活様式が今なお残るガルダイア、そしてオスマントルコから近世までの歴史を見つめてきたカスバ、「アルジェリア探訪」のコースにはアルジェリアの見所が詰まっています。
  タッシリ・ナジェールを歩く
セファールの「白い巨人」とジャバレンの台地

古代壁画と奇岩が林立する月世界、紺碧の空、この3つが揃ったタッシリナジェール。全ての行程を歩ききったときには忘れえぬ思い出となることでしょう。
サハラを走る アルホッガー・アセクレム高原とタッシリナジェール
アメリカ合衆国がすっぽり入るほどの大きさのサハラには、色々な顔があります。砂砂漠、礫砂漠、そして今回行く先のタッシリ・ナジェールやアハガルといった高原地帯です。
  タッシリナジェール
~サハラに残された緑の記憶~

緑のサハラに住んでいた古代人によって大きな岩陰に描かれた、狩りの風景や象にキリン、サイに牛など様々な動物も精巧な彩色画として見られ、台地が動物の楽園だったことを雄弁に物語っています。
アルジェリア サハラの意外な光景 中部アルジェリアの魅力
アルジェリアといえば、地中海沿岸のローマ遺跡や南部のサハラ砂漠が強調されがちですが、中部のガルダイア、ワルグラ地方にも魅力的な町が点在します。そして渡り鳥の滞在する10月~3月には「サハラ砂漠の意外な光景」をご覧いただけるかもしれません。
     

リビアの旅/ Libya

リビアローマ遺跡とガダメス探訪
セウェルス朝の時代にレプティスマグナは大きな発展を遂げ、ローマ帝国を代表する巨大な都市となりました。大部分が砂に埋れたままであった為現在まで保存状態が非常によく、世界的に有名なローマ遺跡となっています。
  サハラと遺跡のリビア
北アフリカに位置するリビアは地中海に面し、古くはギリシャ・ローマ時代からローマ帝国の穀倉地帯として栄えてきました。そのリビアの魅力は様々で、大きくは地中海沿岸部に残る遺跡群と国土の90%を占める砂漠に分けられます。

リビア考古紀行「緑のキュレナイカ」
秀逸なギリシャ・ローマ遺跡が残ることで知られるリビア。ギリシャ世界を語る上で貴重な遺跡が残るリビア北東のキレナイカ地方もおすすめです。
     

エジプトの旅/ Egypt

エジプト・サハラ古代遺跡と
オアシスルート

ナイルの西、スーダンとリビア国境にかけて広がるエジプト西方砂漠。古代エジプトの人々はかつて、この西方砂漠に死後の世界が広がっていると考えていたと言われています。
  ギルフ・ケビール ~水と風が作り出した大地と岩絵~
ギルフ・ケビールはエジプト南西部のスーダン、リビアとの国境地帯にあり、第二次世界大戦から近年までの政情不安から、長く調査団や観光客が入ることがありませんでした。

マダガスカルの旅/ Madagascar

ゴンドワナ大陸の遺産 マダガスカル
まるで、引き抜かれて逆さまに突っ込まれた様なユニークな形のバオバブ。全8~9種の内6種がマダガスカルにあります。
     

エチオピアの旅/ Ethiopia

エルタ・アレ ~ダナキル、変化し続ける生ける火山~
今から1000万年~500万年前にアフリカ大地溝帯の形成によってできたダナキル砂漠。その中に聳える標高613mのエルタ・アレ火山はダナキル砂漠の北部に位置する活火山であり、真っ赤な溶岩湖を眺めることができる世界でも類稀な場所といえます。
  南部エチオピア民族紀行
「ハマル族の伝統」とエチオピア正教二大祭典のひとつ「マスカル祭」

エチオピアは東アフリカに位置する内陸国で、ヨルダンから続く大地溝帯が国土を貫いています。人口約8000万人のこの国には、83もの異なった民族集団が共存しています。一年ぶりに訪れた南部には、新しい出会いや発見がありました。
エチオピア最深部
スルマの人々を訪ねて

エチオピア最深部、スーダン国境に近いトゥルギトで、伝統儀式ドンガを見学しました。この地域に住む少数民族スルマの男達にとって、雨季の終わりに行われるこの儀式は、正真正銘の真剣勝負であり、杖一本に自分のすべてをかけた迫力の儀式でした。
  ダナキル砂漠・塩のキャラバンと
エルタ・アレ火山

これからご紹介するダナキル砂漠とエルタ・アレ火山 は、まさに「辺境」「秘境」の名にふ さわしい場所。あまりにも過酷な環境から「世界でも最も生物が生息しにくい地域」と言われ、なかなか個人で行けるところではありません。
アフリカ大地溝帯最深部 アファール・トライアングルを行く
ダナキル砂漠は世界で最も過酷な場所とも言われ、環境の厳しい地域です。しかし、目にする景色ひとつひとつが驚かされるものばかり。新しい発見と驚きの連続で、旅の苦労などいつの間にかどこかえ消えてしまうことでしょう。
  ダナキル砂漠とアファール・塩の隊商を訪ねて
エチオピアでも最も過酷な地と言われるのが海抜マイナス120メートルに位置するダナキル砂漠。地球が生きていることを実感させる大自然を垣間見ることができました。

マリの旅/ Mali

マリ ~サハラ交易都市の盛衰~
「黄金の都」トンブクトゥ、この町はかつての、サハラで遊牧生活を送っていたトアレグの宿営地へと戻っているような気がしました。ヨーロッパ人が憧れた黄金都市伝説というアフリカ史の一旦を、垣間見ることができました。
  原色の西アフリカ・マリ
日本の秋から冬にかけて、気温も下がり、旅のベストシーズンを迎えるマリ。マリは西アフリカの内陸に位置し、8世紀から16世紀にかけて興ったガーナ王国、マリ帝国、ソンガイ帝国によってサハラ交易の中継都市として栄華を築きまし
た。

マリ タウデニと
21世紀の塩のキャラバン

タウデニは「黄金の都」と呼ばれたトンブクトゥの北750キロに位置する塩鉱。もともと、マリ帝国時代の14世紀にタウデニのさらに北170キロにあるタガザで塩の採掘が行われていました。
  原色の西アフリカ・マリ サハラとニジェール川の織り成す多様な魅力
サハラ交易の中継都市として栄華を極めたニジェール川の大湾曲部に位置するトンブクトゥとジェンネ、そしてドゴン族の郷を訪ねます。

モーリタニアの旅/ Mauritania

砂に埋もれ行く隊商都市を訪れる・モーリタニア
モーリタニアという国はアフリカ北西部に位置し、国土の90%以上を砂漠に覆われており、国全体が砂漠といっても過言ではない国です。モーリタニアの国名は古代に北アフリカを支配したベルベル人の古代国家マウレタニアに由来しています。
  世界遺産のサハラ隊商都市遺跡 シンゲッティーとワダン
サハラ砂漠の国中でもまだ日本からの訪問者が少ないモーリタニア。そのアドラール地方には美しい砂漠と世界遺産の隊商都市遺跡が残されています。

西アフリカの旅/ Mauritania

カサブランカからダカールを走る
右手に大西洋を見ながら、モロッコのカサブランカからセネガルのダカールまで、2000㎞以上を駆け抜けるツアー。昨年、新企画として発表し、ご好評をいただきましたこのツアーの魅力をご紹介いたします。
 

スーダンの旅/ Sudan

スーダン・ナイル川紀行
2011年7月9日に南スーダンが分離独立し、アフリカ54番目の国が誕生したことも記憶に新しいスーダン。日本ではまだまだ知られていないこの国のツアーに昨年の冬同行させていただきました。

  スーダン
古代クシュ王国の壮大なる遺産

古代クシュ王国が残した遺跡群は2003年にスーダンで初めての世界遺産に登録され、今後の発掘・調査が期待されています。その遺跡のうち、ナカ、メロエ、クッルをご紹介いたします。

ニジェールの旅/ Niger

ゲレウォール GUEREWOL
9月半ばのニジェール。遊牧民が“塩の平原”に集まり、ウォダベ(ボロロ)による「最も美しい男」を選ぶ祭り、“ゲレウォール“が繰り広げられます。
  サハラ砂漠・サヘルの遊牧民
ウォダベ WODAABE

ウォダベ(ボロロ)は西アフリカに広く分布するフラニ族の一派で、ニジェールからナイジェリア、カメルーン北部までの間を移動する遊牧生活を営んでいます。男女ともに“美しさ”で知られ、有名な9月のゲレウォールの祭りなど、暮らしの中にウォダベ遊牧民独得の文化が息づいています。
ニジェール・アイール山地と
テネレ砂漠

アメリカ合衆国とほぼ同じ面積をもつサハラ砂漠。そんなサハラ広しと言えども、ニジェールの砂漠ほど美しい場所はないのではないか。アイール山地とテネレ砂漠が織りなす風景は、そう思わせるほどに素晴らしいものがあります。
     

チャドの旅/   Chad

チャド エネディ山地の旅
地理的にも政情的にも訪れることが難しかったチャド北部。これまで農業と牧畜を中心としていた国が資源開発で変わり行く中、チャド北部にひかえる砂漠と山地には「手つかずのサハラ」の姿が残されています。
  チャド ティベスティ山地一周
2012年1月、内戦後初となるティベスティ山地一周視察ツアーを行いました。厳しい環境の中でたくましく暮らすトゥブ族、休火山群の創りだすパノラマ、奇岩群が迎えてくれました。

ウガンダ・ルワンダの旅/ Uganda・Rwanda

ゴリラトレッキングに行こう!
ルワンダ北部 ヴォルカン国立公園のゴリラの森へ

大自然の魅力満載のゴリラトレッキングに行きませんか?ルワンダ「ヴォルカン国立公園」のゴリラの森へ。
  ウガンダ・ルワンダ マウンテンゴリラと白ナイル源流の大自然
ルワンダでは野生のマウンテンゴリラを観察。アフリカが育む大自然を体感する旅。

南部アフリカの旅/ South Africa

オカバンゴ・デルタの優雅な休日
毎年5月~8月にかけてオカバンゴ川の氾濫原が造りだす大湿地帯オカバンゴ・デルタ。ここは、野生動物たちに貴重な水場を提供し、野生動物の楽園となっています。
  ナミビア
まだ日本人にとっては馴染みの薄い国ですが、自然の豊かさとそこに暮らす人々の素朴さには驚かされるばかりです。徐々に観光客も増えつつあるナミビアへ是非、お早めに足を運んでみて下さい。
南部アフリカの大自然
アフリカ最南西の岬・喜望峰、プレトリアのジャカランタの花、野生動物を観察するサファリ・・・大自然の迫力に圧倒!