キナバル国立公園等を訪れる旅 「マレーシア最高峰・キナバル山(4,095m)登頂」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > マレーシア最高峰・キナバル山(4,095m)登頂

マレーシア最高峰・キナバル山(4,095m)登頂

コンパクトな日程でキナバル山登頂に挑戦!

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 登頂
  • トレッキング
  • 雲海とキナバルサウス(3,921m)を望みながら下山
  • パークヘッドクォーター付近より仰ぎ見るキナバル山
  • キナバルエンシス・ウツボカズラ
  • ローズピーク
  • 熱帯雨林の中を歩きます
  • 山頂付近より朝焼けの雲海を望む
  • 山頂付近のロープ場(3,600m)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • キナバル山の旅
  • 世界の山旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

キナバル国立公園

2名様から催行・日本語ガイド同行

ツアーのポイント/ Tour Point 

●初めての海外登山に最適の5日間

お仕事などで連休が取りづらい方でもご参加いただきやすい5日間コース。標高は4,000mを越えますが、山小屋にて宿泊をしますので高山病の心配もありません。短い日程で効率的に海外登山を楽しみたい方におすすめのコースです。

●2名様からツアー催行・日本語ガイドが同行

最少催行人員2名様よりツアーを催行。添乗員が同行しない場合でも、現地にて日本語ガイドがご案内いたしますので、安心してご参加いただけます。

●キナバル山登頂証明書を発行

下山後、キナバル国立公園事務所より、登頂者全員に登頂証明書が発行されます。山旅の記念として、名前入りの登頂証明書をお持ち帰りください。

マレーシア最高峰 キナバル山へ挑戦!

標高4,095mのキナバル山。聖なる山とも称えられマレーシア最高峰でもあります。登山道はしっかりと整備され、パンドックと呼ばれる屋根のついた休憩所が30分に一つの間隔で設置されています。鬱蒼としたジャングルは山小屋まで続き、山頂付近では登山道は一変し、森林限界を越えると花崗岩が足元一面に広がります。さらに、海風により雲海が高確率で発生するため、雲海が下界を覆う景色など、雄大な自然を身体全体でお楽しみいただけます。特殊な装備は不要で、日本の夏山と同じ装備にて登ることができるのもキナバル山の魅力です。初めての海外登山や、これから5,000m峰の登山に挑戦したい方へのステップアップにおすすめのコースです。
  • 熱帯雨林の中を歩きます

  • 山頂付近より朝焼けの雲海を望む

  • 山頂付近のロープ場(3,600m)

  • 山小屋の全景

植生豊かなボルネオの森を歩く

キナバル山の属するボルネオ島は、世界で最も植生の豊かな場所と言われており、山麓のジャングルでは食虫植物として有名なウツボカズラや、野生のランなどが原生しています。山小屋までのルートでは食性豊かなボルネオの森を歩きます。
  • キナバルエンシス・ウツボカズラ

  • キナバル・バルサム

  • エリア・ロブスタ(ラン科)

  • セロジネ・パピロサ(ラン科)

東南アジア最高峰・キナバル山登頂
1名様からの個人旅行も承ります

ツアーでは日程が合わない方や、より自由な旅を楽しみたい方へ。1名様の個人旅行からグループまで、お客様のご希望に沿ったオリジナルな旅作りをお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

ローズピーク

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アジア内都市
コタキナバル

午前又は昼発

空路、東京・大阪よりアジア内都市乗り換えにてコタキナバルへ。着後、ホテルへ。
※添乗員同行の場合は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、コタキナバルにて合流します。
コタキナバル泊
大阪
アジア内都市
コタキナバル

午前又は午後発

2 コタキナバル
パークヘッドクォーター
登山口
3,300mの山小屋

06:30発


約6時間
16:00着

専用車にてパークヘッドクォーター(キナバル国立公園事務所)へ。ガイドやポーターと合流後、バスで登山口(約1,800m)へ。
●3,300mの山小屋へ(約6時間)
登山開始。ジャングルの道をゆっくり登り、標高3,300mにある山小屋へ。
3,300m付近の山小屋泊
3 3,300mの山小屋
(ローズ・ピーク)
登山口
パークヘッドクォーター
コタキナバル

約6時間


約4時間

●キナバル山登頂(約6時間)
夜明け前に山小屋を出発。山頂のローズ・ピーク(4,095m)に登頂。その後、山小屋へ戻ります。
●パワーステーションへ下山(4時間)
朝食後、パワーステーションまで下ります。着後、バスにてパークヘッドクォーターへ。乗用車にてコタキナバルへ戻ります。
コタキナバル泊
4 コタキナバル 夕方又は夜発 出発まで、自由行動。昼食は海鮮料理をご賞味ください。自由行動の後、アジア内都市乗り換えにてコタキナバルへ、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
アジア内都市 夜発
アジア内都市 夜発
5 東京 朝着 着後、解散。
大阪 朝着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝3/昼3/夜2:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:マレーシア航空、キャセイパシフィック航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
10月04日(水) ~ 10月08日(日) 5日間 208,000円
10月18日(水) ~ 10月22日(日) 5日間 208,000円
11月01日(水) ~ 11月05日(日) 5日間 208,000円
11月22日(水) ~ 11月26日(日) 5日間 208,000円
12月06日(水) ~ 12月10日(日) 5日間 208,000円
12月20日(水) ~ 12月24日(日) 5日間 208,000円
12月27日(水) ~ 12月31日(日) 5日間 278,000円
01月03日(水) ~ 01月07日(日) 5日間 208,000円
01月17日(水) ~ 01月21日(日) 5日間 208,000円
02月07日(水) ~ 02月11日(日) 5日間 208,000円
02月28日(水) ~ 03月04日(日) 5日間 208,000円
03月14日(水) ~ 03月18日(日) 5日間 208,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(5月10日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 2名 <10名様より添乗員同行>
※日本より添乗員が同行しない場合、現地日本語ガイドがご案内します。
お一人部屋使用料 12,000円(山小屋泊除く)
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 登頂日は高低差約800mの山小屋を往復し、その後、登山口まで約1,500m下山します。特別な登山技術は不要ですが、十分な体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は3,300m、最高到達地点は4,095mです。山小屋や山頂付近では、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 山小屋1泊 寝具が備え付けてあるため、寝袋は不要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、登山に不要な荷物はコタキナバルのホテルに預け、下山後ホテルまたはキナバル国立公園事務所で受け取ります。1泊2日分の荷物が入るバッグをご用意ください。ポーターは3kgまでお運びします。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 平地では夏服で過ごせます。登山中は半袖又は長袖シャツが基本となりますが、山小屋の朝晩は5℃前後と冷え込みますので防寒具が必要です。年間を通じて雨の多い地域ですので、雨具は必ずお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
登山や高山病について 特別な登山技術は不要ですが、富士山に登れる程度の体力が必要となります。普段から山歩きをされている方でしたらどなたでもご参加いただけますが、山小屋や山頂付近では、頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがありますので、心臓疾患や高血圧、その他の既往症のある方のご参加はおすすめできません。高山病対策として、添乗員同行の場合はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、皆様の健康管理をいたします。また、ご参加の方全員に健康アンケートのご記入、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
宿泊について 山小屋ではお一人に一つずつのベッドをご利用いただく、ドミトリー形式の大部屋泊となります。予め山小屋を確保しておりますが、一定人数以上の予約は時期によっては難しいことがございますので、お早めのお申し込みをお願い致します。
荷物について ポーターに3kg以上の荷物をお預けになる場合、超過料金がかかります。詳しくはお問い合わせください。
その他のご注意 自然観察ですので、写真や日程表中の動植物が必ずしも見られるとは限りません。花の開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行