「ガンジス源流氷河トレッキング」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > ガンジス源流氷河トレッキング

ガンジス源流氷河トレッキング

ガンジス最奥、ヒンドゥー教の聖地、仙境シブリンベースキャンプを目指す

  • 聖地巡礼
  • 大自然
  • トレッキング
  • フォトジェニック
  • インドのマッターホルンの異名を持つ怪峰シブリン(6,543m)
  • ガンジス川の最初の一滴が流れるゴウムクを越えてガンゴトリ氷河を横断
  • バギラティ山群を眺めながらガンジス源流を目指す
  • 正面の無名峰(6,044m)を巻いてボジバサへ
  • 巡礼者で賑わう聖地ハリドワールからガンジス川をさらに奥へ
  • 聖地ガンゴトリ
  • 道中ヒンドゥーの巡礼者とすれ違う
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

8名様から催行・13名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●聖なるガンジス川の最源流ゴウムクへ

ガンジス川の最源流ゴウムクは、ヒンドゥー教最大の聖地となっており、その先のガンゴトリ氷河から流れ出る一滴が、ガンジスの「始まり」となります。毎年5月~10月の巡礼シーズンになると、多くの熱心な巡礼者を見ることができます。

●巡礼路を越えて、白銀の山岳世界へ

ゴウムクまでは、敬虔な巡礼者と同じルートを行く趣きある山歩き。そこから先は、ガンゴトリ氷河の横断から始まる豪快な山岳風景に囲まれた氷河トレッキングとなります。ガルワールヒマラヤの白銀の峰々を展望しながら、変化に富んだ山旅をお楽しみください。

ガンジス最奥の聖地
仙境シブリンベースキャンプに贅沢な2泊滞在

巡礼路の終着地・ゴウムクを越えて、ガンゴトリ氷河を横断しサイドモレーンの急登を登り切ると仙境シブリンベースキャンプに到着します。そこは平原が広がり、小川が流れ、ガンジス川の轟音が消え、どこか静けさが漂う、正に自らの足で歩ききった者だけが辿り着ける別天地です。そして、目の前には、見事な山容から「インドのマッターホルン」と讃えられるシブリン峰。シブリンベースキャンプに2連泊をすることで、珠玉の景色を存分に楽しんでいただくことができます。朝焼けと夕焼けのチャンスも計2回ずつございます。
  • シブリン(6,543m)、メルー(6,660m)を見ながらシブリンベースキャンプで青空ランチ

  • バギラティ山群をバックに準備体操

ガルワールヒマラヤの山々

シブリンベースキャンプから、怪峰シブリン、2017年に映画化でも話題になったメルー山(シャークスフィン)、大迫力のバキラティ山群を間近に見ることができます。また、マンダⅠ峰(6,510m)、カルチャクンド(6,632m)、スダルジャン(6,507m)などのインドヒマラヤ屈指の名峰群の広がるガルワールヒマラヤをお楽しみいただけます。
  • 大迫力のバギラティ山群

  • カルチャクンド(6,632m)

  • 前方にマンダⅠ峰(6,510m)を見ながらボジバサを目指す

  • 圧倒的な存在感を誇るメルー山(6,660m)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より、直行便でインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー(グルガオン)泊
2 デリー
ハリドワール
リシケシ

08:00発


16:00着

専用車にてリシケシへ。途中、ヒンドゥー教の聖地ハリドワールの沐浴場を見学。リシケシ着後、ガートで行われるヒンドゥー教徒による礼拝儀式プジャをご覧いただきます。
リシケシ泊
3 リシケシ
ウッタルカシ
08:00発
16:00着
専用車にて、ガンジス川源流のバギラティ川沿いを走り、ガルワール地方西部のウッタルカシへ。
ウッタルカシ泊
4 ウッタルカシ
ガンゴトリ
09:00発
14:00着
専用車にて、ガンジス川源流部・ガンガ女神が降下した聖地ガンゴトリ(3,048m)へ。着後、ガンゴトリ寺院の見学やバザールの散策をお楽しみください。
ガンゴトリ泊
5 ガンゴトリ
チルバサ
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
トレッキング開始。バギラティ山群などの雪山を眺めながら、川沿いのゆるやかな道をチルバサ(3,500m)へ。
テント泊
6 チルバサ
ボジバサ
約3時間 ●トレッキング(約3時間)
シブリンやバギラティ山群の好展望地ボジバサ(3,792m)へ。着後、午後はゆっくりとお過ごしいただきます。
テント泊
7 ボジバサ
ゴウムク
シブリンB.C.
約7時間 ●トレッキング(約7時間)
聖なるガンジス川の最初の一滴が流れ出す、ガンジス川の最源流部となるガンゴトリ氷河の末端部・ゴウムク(3,890m)を訪れます。その後、ガンゴトリ氷河を横断し、急なガレ場を登り切ると、シブリン・ベースキャンプのタボバン(4,463m)に到着。
着後、ゆっくりとキャンプでお過ごしいただき、シブリン、メルー、バギラティ山群などの名峰の展望をお楽しみください。
テント泊
8 シブリンB.C.   終日、シブリン・ベースキャンプに滞在。ベースキャンプ周辺の展望を、ゆったりとお楽しみください。
テント泊
9 シブリンB.C.
チルバサ
約7時間 出発前天気が良ければ、朝日に輝く山々の展望をお楽しみください。
●トレッキング(約7時間)
往路をチルバサまで下ります。
テント泊
10 チルバサ
ガンゴトリ
ガンゴトリ
ウッタルカシ

約3時間


13:00発
18:00着

●トレッキング(約3時間)
往路をガンゴトリへと戻り、トレッキング終了。専用車にてウッタルカシへ。
ウッタルカシ泊
11 ウッタルカシ
リシケシ
08:00発
16:00着
専用車にてリシケシへ戻ります。
リシケシ泊
12 リシケシ
ハリドワール
デリー

08:00発


16:00着

専用車にてハリドワールを経由し、デリーへ。空路、東京方面の方は直行便で、大阪方面の方は香港経由の便で、それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
デリー 21:15発
デリー 23:05発
13 東京 08:45着 着後、解散。
大阪 12:40着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼11/夜11:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京発/東京・大阪着 催行状況
10月01日(月) ~ 10月13日(土) 13日間 298,000円
10月15日(月) ~ 10月27日(土) 13日間 298,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 35,000円(テント泊含む)
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
国際線のビジネスクラス:日本/デリー間のビジネスクラスは往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
プライベートポーター:22,000円(ガンゴトリ~ガンゴトリ間、15kg以内、チップ込み)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 良く整備された歩きやすい道が続きますが、ガレ場の急勾配やモレーン上の足場の悪い箇所もあります。山歩きに慣れていることが条件です。
高度 最高宿泊高度、最高到達地点共に4,463mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 テント5泊 テント設営はすべてスタッフが行います。テント場は草地ですが所々石がゴロゴロしている所もあります。
荷物 中型サイズ以下のスーツケースでご参加ください。ウッタルカシにて荷物を詰め替えます。5泊6日の荷物(8kgまで)が入るバックをご用意ください。ハイキング中はデイパックをご用意ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,550円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は入国時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 トレッキング中は長袖シャツ又は半袖シャツで過ごせますが、キャンプ地での朝晩は冷え込みます。とくにシブリンB.C.では0℃近くにまで気温が下がりますので、フリースにダウンジャケットなどの十分な防寒具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズなどが最適です。デリーやリシケシでは暑く夏服で過ごせます。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が予想されるコースですのでご注意ください。ご参加の方全員に健康診断書のご提出をお願いしております。また、高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯加圧装置を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
トレッキングについて 氷河やモレーン上の足場の悪い箇所もある高低差のあるルートを長期間かけて歩き続けるコースです。体力のない方、高所に弱い方のご参加はおすすめできません。特別な登山技術は必要ありませんが、普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
日程について このコースの大部分は山岳地帯の道路です。雨による道路の崩壊などで一部通行不可能になり、予定の観光地が見学できなかったり、宿泊地が変更になることが考えられます。この地域の特殊事情をご理解の上でご参加ください。
宿泊について トレッキング中はテント泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。また、ガルワール地方は全般的に宿泊施設の限られた地域で、ホテルやゲストハウスによってはバスタブがなくシャワーのみで、十分な設備が整っていないことがあります。御一人部屋をお取りできなかったり、ホテルやゲストハウスに分宿になることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行