「ツール・ド・モンブラン Tour du Mont Blanc」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > ツール・ド・モンブラン Tour du Mont Blanc

ツール・ド・モンブラン Tour du Mont Blanc

憧れのロングトレイル モンブラン山群を完全一周

  • 大自然
  • トレッキング
  • 花の季節
  • バルム峠を越えモンブランを正面にシャモニ谷を下る
  • 上左:アネモネ、上右:チャボリンドウ、下左:アルペンローゼ、下右:マルタゴンユリ
  • イタリア側より望むモンテ・ビアンコ(モンブラン)
  • ピクニックランチ
  • ナン・ボラン小屋
  • 食事の一例(チーズフォンデュ)
  • 山小屋のバーカウンター
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

6名様から催行・13名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●モンブラン山群を完全一周!フランス・イタリア・スイスを歩いて国境越え

モンブラン山群の周囲を一周する、ツール・ド・モンブラン。西遊旅行のツール・ド・モンブランは一部ロープウェイや車道がある箇所の路線バス利用の他はご自身の足でしっかりと歩いていただけます。バルム峠を越えて最後シャモニ谷に戻ってきた時の感動はひとしおです。フランス・イタリア・スイスの3カ国の国境を歩いて越えるのも魅力です。

●高山植物の咲く美しい季節限定

6~7月にかけて、モンブラン山麓は色鮮やかな高山植物が咲き乱れます。

●荷物は毎日車で回送を実現!

連日、アップダウンの大きいトレイルが続くツール・ド・モンブラン。トレッキング中は最小限の荷物のみをザックに入れて歩いていただけるよう、不要な荷物はダッフルバッグにまとめていただき、毎日車で宿泊施設まで回送します。

●快適な山小屋泊

全ての山小屋には清潔な共同のトイレとシャワーが備わっています。また、夕食は前菜・メイン・デザートの3コースが用意されており、各山小屋自慢の料理をワインと共にお楽しみください。

ツール・ド・モンブラン Tour du Mont Blanc

フランス・イタリア・スイスの国境にそびえるモンブラン山群。西ヨーロッパ最高峰モンブランを主峰とし、3大北壁で有名なグランドジョラスやヴェルト針峰など秀麗な4,000m峰が長さ約40km、幅15kmの中にかたまって存在しています。このモンブラン山群を一周する世界で最も有名なロングトレイルがツール・ド・モンブランです。ルート上はいくつもの峠と谷を越えて行くので、連日アップダウンが続きますが、各峠からの秀峰群の大展望と様相の異なるそれぞれの美しい谷の広がりを望む素晴らしいトレッキングをお楽しみいただけます。
  • シャモニより見上げるモンブラン

  • モンブランが谷底から3,600mの標高差で聳える

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:00発 空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京、大阪いずれか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機内泊
大阪 23:40発
2 ドバイ 03:40着 ドバイ着後、航空機を乗り換えジュネーブへ。着後、専用車にてシャモニへ。着後、自由行動。
シャモニ:ポアン・イザベル泊
ドバイ 04:50着
ドバイ
ジュネーブ
ジュネーブ
シャモニ
08:30発
13:15着
約2時間
3 シャモニ
ランデックス
(ラック・ブラン小屋)
フレジェール小屋
シャモニ

09:00発
約3時間


16:00着

ロープウェイとリフトを乗り継ぎランデックス(2,361m)へ。
●シャモニ谷とモンブラン山群展望トレッキング(約3時間)
赤い針峰群の山腹を歩き、好展望地のラック・ブラン小屋(2,352m)へ。シャモニ谷とモンブラン山群の大展望をお楽しみください。昼食後、フレジェール小屋(1,913m)へと一気に下り、ロープウェイにてシャモニへと戻ります。
シャモニ:ポアン・イザベル泊
4 シャモニ
レ・ズーシュ
ベルヴュー
ミアージュ小屋

09:00発


約5時間

路線バスでレ・ズーシュ(1,010m)へ移動し、ロープウェイにてベルビュー(1,801m)へ。高山植物のお花畑が広がります。
●ツール・ド・モンブラントレッキング(約5時間)
ビオナッセイ針峰を正面にビオナッセイ氷河の末端部を通り過ぎ、モンジョワ谷の風景が広がる展望の良いトリコ峠(2,120m)を越えミアージュ小屋(1,559m)へ。
ミアージュ小屋泊
5 ミアージュ小屋
レ・コンタミンヌ
ナン・ボラン小屋
約5時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約5時間)
トリュック峠(1,730m)を越え、レ・コンタミンヌ(1,167m)の街へと一気に下ります。川沿いのトレイルをノートルダム寺院を通り過ぎ、ひと登りするとナン・ボラン小屋(1,459m)に到着。
ナン・ボラン小屋泊
6 ナン・ボラン小屋
ボンノム峠
クロワ・デュ・ボンノム峠
シャピユー
モッテ小屋
約8時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約8時間)
アルプの中急登を行き、ボンノム峠(2,329m)へ。更にクロワ・ドゥ・ボンノム峠(2,470m)を越え、お花畑の中をシャピユー(1,550m)へと下ります。着後、路線バスにてグラシエ村(1,789m)へ移動し、モッテ小屋まで歩きます。モッテ小屋の周りはアルプが広がり、グラシエ針峰がそびえます。
モッテ小屋泊
7 モッテ小屋
セーニュ峠
ラ・ヴィザイユ
クールマイユール
約6時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約6時間)
アルプの中を登り、フランス・イタリアの国境セーニュ峠(2,510m)へ。前方には3日ぶりにモンブランが現れます。イタリア側のヴェニ谷をお花畑のアルプの中をエリザベッタ小屋へと下り、ミアージュ氷河の末端部を過ぎ、ラ・ヴィザイユ(1,659m)へ。着後、路線バスでクールマイユール(1,220m)へ。
クールマイユール泊
8 クールマイユール
ベルトーネ小屋
エレナ小屋
約7時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約7時間)
樹林帯の中、ベルトーネ小屋(1,977m)へと登るとヴェニ谷とモンブラン、グランド・ジョラスの大展望が広がります。モンブランとヴェニ谷を左手に好展望の山腹道をボナッティ小屋方面へと行き一旦谷底の車道へと下ります。路線バスにてアルノーバ(1,700m)へと移動し、ヴェニ谷最後の小屋エレナ小屋(2,062m)へと登ります。
エレナ小屋泊
9 エレナ小屋
グラン・フェレ峠
フェレ
イセール
アルペット
約7時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約7時間)
イタリア・スイス国境グラン・フェレ峠(2,537m)へと登ります。スイス側フェレ谷へと入りフェレ(1,700m)へと下ります。着後、路線バスにてイセール(1,054m)へ。樹林帯の中登り、シャンペ湖畔に到着。更に水路脇のルートを登りアルペット(1,627m)の小屋へ。
アルペット泊
10 アルペット
フォルクラ峠
約5時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約5時間)
ボヴィーヌ(1,987m)へと登ります。マルティニーの街が見下ろされ、振り返るとコンバン山群が姿を現します。その後、樹林帯の中を下りフォルクラ峠(1,526m)に到着。
フォルクラ峠泊
11 フォルクラ峠
バルム峠
モンロック
シャモニ
約8時間 ●ツール・ド・モンブラントレッキング(約8時間)
レ・グラン小屋もしくはトリアン経由でスイス・フランス国境バルム峠(2,191m)へと登ります。峠からはシャモニ谷とモンブラン山群の大展望が広がります。バルム峠からフランス側へと入り、ポゼット峠経由の前方にモンブランを眺めながらの展望の良い山腹道を行き、モンロック(1,363m)へと下りトレッキング終了。その後、路線バスにてシャモニの街へと戻ります。
シャモニ:ポアン・イザベル泊
12 (エギーユ・デュ・ミディ)
シャモニ
ジュネーブ
ジュネーブ
ドバイ


約2時間


15:15発
23:45着

午前中、ロープウェイを乗り継ぎエギーユ・デュ・ミディ展望台(3,842m)を往復。眼前に迫るモンブランやグランドジョラス等の展望をお楽しみください。専用車にてジュネーブへ。着後、航空機にてドバイへ。
機内泊
13 ドバイ
東京
02:50発
17:35着
ドバイ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ドバイ
大阪
03:00発
17:10着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
06月26日(月) ~ 07月08日(土) 13日間 528,000円
07月03日(月) ~ 07月15日(土)
ご好評につき追加設定
13日間 538,000円
07月17日(月) ~ 07月29日(土) 13日間 528,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(11月2日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 35,000円
日本の国内線割引:福岡/大阪間は片道10,000円の追加で別途手配いたします(エミレーツ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 標高差のあるアップダウンが連日続くため、十分な体力が必要です。
高度 高山病の心配はありません。エギーユ・デュ・ミディでは頭痛等の軽度の症状が出ることがあります。
宿泊 山小屋6泊 ホテル4泊 山小屋では大人数部屋となります。寝具が備え付けてあるため、寝袋は不要ですが、インナーシーツをお持ちください。
荷物 スーツケースはシャモニのホテルに預けます。トレッキング中はダッフルバッグを毎日荷物車が回送しますので、デイパックでご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間はスイス出国時90日以上必要です。
気候・服装 標高、天候により気温は大きく変わります。日中天気が良ければ20~25℃位まで暖かくなりますが、朝晩や天気が悪い日は5℃程度にまで気温が下がります。フリースにライトダウンなど気温に応じて重ね着ができるような服装をご準備ください。靴は防水性のハイカットのトレッキングシューズ又は軽登山靴でご参加ください。雨に備えて上下セパレート式の雨具もご準備ください。また、雨天時には綿素材の衣類は乾きにくく体が冷えてしまうので、速乾性素材のシャツやズボンをご準備ください。
利用予定ホテル 日程及び巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊施設について シャモニ、クールマイユールでは小さなホテルを利用します。その他の場所では山小屋もしくは山小屋風の宿泊施設となり、お一人部屋はお取りできません。各山小屋は2段ベッドが並ぶドミトリー形式の4~12人の相部屋(男女共同の場合もあります)となり、共同のシャワー、トイレが備わっており、清潔で快適にお過ごしいただけます。
その他のご注意 花の開花時期は気象条件などにより、多少ずれる場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行