秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

コルディリェーラの大棚田群とルソン島の旅

ルソン島北部を巡り、その知られざる魅力に迫る(フィリピン)

ルソン島北部に残る石造バロック教会群とビガンの街並
「天国の階段」バナウェの壮大な棚田を見学
「天国の階段」と呼ばれるバナウェの棚田
「天国の階段」と呼ばれるバナウェの棚田
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
ツアーレポート
アジア民族特集
 
「天国の階段」バナウェイで2連泊

「天国への階段」と比喩されるルソン島中部のコルディリェーラ山脈の急斜面に造り上げられた棚田は世界最大の規模を誇り、イフガオ族が2,000年をかけ神から与えられた宝として世代から世代へと守り受け継いできました。

棚田の一番下から最上部までは1,500mもあり、人の力だけで造り上げてきたその景観は壮大です。1月の田植えの時期から3月には緑色へと景観を変えていきます。ツアーでは棚田の中でも最も美しいバナウェイに2連泊し、イフガオ族の村々をジープニーで巡ります。

ジプニーに乗って移動します
ジプニーに乗って移動します
壮大な棚田を見学
壮大な棚田を見学

みどころ/ Point

世界遺産「コルディリェーラの大棚田群」
ルソン島北部を南北に縦断するセントラル・コルディリェーラ山脈。その山脈の中部に位置するバナウェイでは「天国の階段」と形容される壮大な棚田を訪問します。この地に暮らすイフガオ族が2,000年に渡り造り上げてきた大地の芸術です。
多国籍の魅力がつまった街の見学
スペイン植民地時代の面影を色濃く残すラワグやスペイン、中国、日本の影響が見られるビガン、イスラムの雰囲気漂うアスンシオン教会など、様々な国の雰囲気を融合させたルソン島の魅力に迫ります。
首都マニラの観光
世界遺産に指定されている石造バロック建築サン・アウグスティン教会や、堅牢なサンチャゴ要塞を見学します。
棚田作りの名人イフガオ族
棚田作りの名人イフガオ族
展望台から眺めるバナウェイの棚田
展望台から眺めるバナウェイの棚田
棺を吊るす独特の埋葬方法「ハンギング・コフィン」
棺を吊るす独特の埋葬方法
「ハンギング・コフィン」
スペイン植民地時代の街並みが残る古都ビガン
スペイン植民地時代の街並みが残る古都ビガン
世界遺産
石造バロック教会群(パオアイ教会、アスンシオン教会、サン・アウグスティン教会)
古都ビガン
コルディリェーラの棚田群
コース地図
▲クリックすると拡大します
フィリピンの石造バロック教会群

1521年にスペインの植民地となってからは、フィリピンには多くの修道士たちが訪れるようになりました。今も各地に残る石造教会群は、カトリック信仰を根付かせるための宣教の重要な要素として建築されました。それらはモンスーン気候に適応し台風や頻発する地震に耐え、さらには、西欧列強国の攻撃から人々を守る要塞としても機能する堅固な構造が必要でした。

このような要因により石造を特徴とするバロック建築が誕生し、実際に数度の地震にも耐えたことから「地震のバロック」と呼ばれています。

マニラ大聖堂
マニラ大聖堂
石造バロック建築のサン・アウグスティン教会
石造バロック建築のサン・アウグスティン教会

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京/大阪
マニラ
ラワグ
空路、東京・大阪よりそれぞれフィリピンの首都マニラへ。着後、航空機を乗り換えてルソン島北部の玄関口ラワグへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、マニラにて合流します。
ラワグ泊
2 ラワグ
ビガン
バギオ
朝、ラワグ市内観光聖ウィリアム大聖堂北のマラカニアン宮殿等)。その後、高原都市バギオへ。途中、16世紀後半のスペイン植民地時代の建物が残る珊瑚とレンガで造られた重厚なパオアイ教会古都ビガン、装飾や建築様式にイスラムの影響が見られる世界遺産アスンシオン教会に立ち寄ります。古都ビガンでは旧市街“メナ・クリソゴロ通り”の散策をお楽しみいただきます。
バギオ泊
3 バギオ
サガダ
午前中、バギオ市内観光バギオ大聖堂バーンハム公園など)。午後、専用車にて、山岳の町サガダへ。
サガダ泊
4 サガダ
ボントック
バナウェイ
朝、この地方独特の埋葬方法で棺が吊るされた崖(ハンキング・コフィン)織物工房等にご案内します。その後、専用車にて様々な棚田をご覧いただきながらバナウェイへ。途中、ボントックの山岳民族の生活文化を紹介するボントック博物館を見学します。バナウェイ着後、「天国の階段」と呼ばれる世界遺産の棚田を眺めるビューポイントを訪れます。丘を埋め尽くすように折り重なる壮大な棚田群の展望をお楽しみ下さい。
バナウェイ泊
5 バナウェイ 終日、バナウェイ周辺の観光。午前中、引き続き棚田を眺めるビューポイントを訪れます。午後はフィリピン特有の乗り物ジープニーにてイフガオ族の村々を訪れます。素朴ながらも美しい棚田の景観をご覧いただくとともに、村人の素朴な暮らしぶりを垣間見ることができます。
バナウェイ泊
6 バナウェイ
マニラ
専用車にて、棚田が点在する緑豊かな景観を眺めながらマニラへ戻ります。
マニラ泊
7 マニラ
東京/大阪
出発までマニラ市内観光(フィリピン最古の石造教会サン・アウグスティン教会マニラ大聖堂、スペイン植民地時代のサンチャゴ要塞等)。その後、航空機にて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
利用予定航空会社:フィリピン航空
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price

2011年~2012年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発着
12月02日(金)~12月08日(木) 7日間 268,000円 268,000円
01月13日(金)~01月19日(木) 7日間 268,000円 268,000円
02月10日(金)~02月16日(木) 7日間 268,000円 268,000円
03月23日(金)~03月29日(木) 7日間 268,000円 268,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は19,000円です(7月11日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: お問い合せください。
最少催行人員: 8名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料: 33,000円
特別価格コースのため再利用割引等はありません。

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: 不要です。旅券の残存有効期間は6ヶ月半以上必要です。
気候・服装は: マニラでは夏服が基本となります。バナウェイは高原地帯にあたり、朝晩は冷え込みますのでジャンパー等の上着もお持ちください。棚田の見学は歩いて観光しますので、履き慣れた運動靴又はハイキングシューズでご参加ください。
利用予定ホテルは: パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
     

ご注意/ Note

日程表の教会等は観光地ではないためミサや結婚式、お葬式などの儀式が行われている場合は入場できないことがあります。
現地事情により日程5日目に乗車するジープニーがチャーターできない場合があります。その場合は、トライシクル(サイドカー)を手配いたします。
各地のホテルではバスタブがなくシャワーのみとなる場合があります。また、部屋数に限りがある地域ですので、3人以上の大部屋泊となったり、分宿となることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。