「聖なるブロモ山と神秘の青き炎イジェン山」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 聖なるブロモ山と神秘の青き炎イジェン山

聖なるブロモ山と神秘の青き炎イジェン山

乾季のベストシーズン限定 ジャワ島の2つの活火山を巡る、新たなるインドネシアの旅

  • フォトジェニック
  • 登頂
  • ハイキング
  • 大自然
  • 厳選ホテル
  • プナンジャカン展望台から望む朝のブロモ山とジャワ島最高峰セメル山
  • 神秘的な青い光(イジェン山)
  • ライステラスをハイキング
  • イジェン山山頂付近から望むカルデラ湖
  • ブロモ山の山頂にある祭壇
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 東南アジアの旅

ガルーダ・インドネシア航空のスケジュール変更に伴い、4/30発、7/9発コースを追加設定しました

当コースは利用予定航空会社(ガルーダ・インドネシア航空)の運行スケジュールの変更に伴い、4/30発、7/9発コースを追加設定しました。観光内容・宿泊地などに変更はございません。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ジャワ島の2つの活火山を見学

古くから火の神が住むと崇められてきたブロモ山、青き炎を放つ神秘的なイジェン山、インドネシア・ジャワ島の2つの火山を訪れます。

●5つ星ホテルや高級リゾートに滞在!安心の全ホテル指定

5つ星ホテルや高級リゾートにも滞在する安心のホテル指定。イジェンでは周囲を美しいライステラスに囲まれた緑豊かな高級リゾートに2連泊します。

●のんびりと楽しむライステラスハイキング

イジェンリゾートの周囲は緑豊かなライステラスが広がっています。4日目の午後はのんびりとあぜ道を歩き、美しい景色やのどかな村の訪問を楽しむ約2時間のハイキングにご案内します。

青き炎を求めてイジェン山に登る

深夜にホテルを出発し、四輪駆動車で約1時間、イジェン山登山のスタートポイント(標高約1,900m)に到着。真っ暗な中ヘッドランプの灯りを頼りに登山開始。約1時間30分~2時間の登山となります。そこからさらに200m程クレーターの中へと下ると(30分)、ブルー・ファイヤーの観察ポイントに到着。暗闇の中、青き光を放つ神秘的な風景をお楽しみください。日が登ると、青い光は見えなくなり、硫黄が付着した黄色い大地やカルデラ湖が姿を現します。

【持ち物リスト】

■トレッキングシューズ又はハイキングシューズ ■ヘッドランプ ■水筒又はミネラルウォーター ■しっかりとした防寒着・手袋・帽子 ■上下セパレート式の雨合羽 ■ガスマスク(現地で貸出しします) ■スキー用ゴーグル等(硫黄ガスが目にしみるのを防ぐもの)
  • 神秘的な青い炎があがるイジェン山

  • 朝焼けとともに姿を現すカルデラ湖

  • イジェン山で採掘される硫黄

  • 硫黄が付着した黄色い大地

  • イジェン山登山

ライステラスに囲まれた高級リゾートに2連泊

イジェンリゾート[イジェン/2連泊]

イジェンでは周囲を美しいライステラスに囲まれた緑豊かな高級リゾートに2連泊します。客室はアジアンテイスト溢れるインテリアで落ち着いた雰囲気。スイミングプールも備わっており、イジェン火山見学のあとは、リゾートにてのんびりと思い思いの時間をお楽しみください。ご希望の方は有料にてスパ施設(マッサージ)もご利用いただけます。
  • 客室の一例

  • ホテルのプールバー

聖なる火山 ブロモ山

ブロモ山という名前はヒンドゥー教の神ブラフマンに由来すると言われ、古くからヒンドゥー教が信仰されてきたこの地で人々に崇められてきた山です。10世紀から14世紀後半まで、ジャワ島東部にはヒンドゥー教を国教とするマジャパヒト王国が存在したとされます。伝説によると、このマジャパヒト王国の王女ロロ・アンテンは、イスラムへの改宗を拒み、このブロモ山周辺の山間に隠れて暮らしました。その子孫が今でもこのブロモ山周辺に暮らし、ジャワ島の中でこの地域にだけヒンドゥー教信仰が残ったと言われています。
  • 火口を望むクレーターへ登る

  • “砂の海”と呼ばれる巨大なカルデラの内部

1名様からの個人旅行や
バリ島での延泊をご希望の方は別途手配可能

ツアー設定日以外に1名様からの個人旅行の手配も承ります。また、ツアーの最後のバリ島などでの延泊手配もお気軽にご相談ください。バリ島ならではのリゾートホテル滞在や芸術の町ウブドの散策、寺院巡り、海や山など自然の中でのアクティビティ…。ホテル、専用車、ガイド手配など、ご希望に応じてお見積もりいたします。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デンパサール又はジャカルタ
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれインドネシアのデンパサール又はジャカルタへ。着後、航空機を乗り換えてジャワ島のスラバヤへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、スラバヤにて合流します。
スラバヤ:マジャパヒトホテル泊
大阪
デンパサール又はジャカルタ
午前発
デンパサール又はジャカルタ
スラバヤ
夜発
2 スラバヤ
ブロモ
(ブロモ火山)
08:30発
12:00着
専用バスにてブロモへ。途中、パスルアンの港を訪問。午後、四輪駆動車にて“砂の海”と呼ばれる巨大なカルデラへと下り、ブロモ山へ。徒歩にて火口を望むクレーターへと登ります(片道徒歩約30分)。
ブロモ:ブロモコテージ泊
3 (プナンジャカン展望台)
ブロモ
イジェン

09:00発
17:00着
早朝、暗いうちからホテルを出発し、プナンジャカン展望台へ。朝日が登るにつれてブロモ山をはじめ、バトック山セメル山などの山々が姿を現します。その後、専用バスにてジャワ島東部のイジェンリゾートへ。昼食はシーフード料理をご賞味いただきます。
イジェン:イジェンリゾート泊
4 (イジェン火山)
イジェン
  深夜ホテルを出発。四輪駆動車にて登山口(約1,900m)へ。ここから登山開始。イジェン山山頂付近(約2,300m)へ(約2時間)。そこから、クレーター内(約2,100m)へと下ります(約30分)。漆黒の闇の中、硫黄ガスが神秘的な青い光を放つブルー・ファイヤーを見学。朝日が昇った後は、クレーターの外輪よりイジェン山カルデラ湖の展望をお楽しみください。下山後、四輪駆動車にてホテルへと戻ります。
その後、ホテルにて休養及び自由行動。午後、ライステラスハイキングへご案内します(約2時間)。
イジェン:イジェンリゾート泊
5 イジェン
カタパン
デンパサール

09:00発


17:00着

専用バスにてカタパンの港へ。フェリーにてバリ島へと渡ります。着後、専用バスにてデンパサールへ。着後、空港へ。
機中泊
6 デンパサール
東京
深夜発 空路、直行便又はジャカルタで航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
デンパサール
大阪
深夜発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝4/昼4/夜3:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ガルーダ・インドネシア航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
04月09日(日) ~ 04月14日(金) 6日間 258,000円
04月30日(日) ~ 05月05日(金)
追加設定
6日間 318,000円
05月01日(月) ~ 05月06日(土)
6日間 318,000円
07月09日(日) ~ 07月14日(金)
追加設定・連続参加可能コース
6日間 258,000円
07月10日(月) ~ 07月15日(土) 6日間 258,000円
08月06日(日) ~ 08月11日(金)
連続参加可能コース
6日間 318,000円
10月01日(日) ~ 10月06日(金) 6日間 278,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は5,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 39,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
連続参加可能コース:コモドドラゴンと秘島フローレスの旅 7/9発、8/6発コースは「コモドドラゴンと秘島フローレスの旅」への連続参加が可能です(デンパサール合流)。日程・料金はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の有効期限はインドネシア入国時6ヶ月以上、査証欄の余白連続3ページ以上必要です。
気候・服装 4月中旬~10月中旬のインドネシアは乾季にあたります。沿岸部では夏服で過ごせますが、早朝のブロモ山、イジェン山では5℃位まで気温が下がりますので、しっかりとした防寒着が必要です。また、イジェン山登山にはハイキングシューズやトレッキングシューズもご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
イジェン火山について イジェン火山では健康で片道約2時間~2時間30分のルートを歩くことができる体力が必要です。青い炎を見学する際、地中から火山ガスが噴出しているため、心臓や呼吸器系の疾患のある方はご参加をご遠慮ください。イジェン山は活火山のため、火山活動によっては、訪問時間が変更となり、写真のような青い炎が見られなかったり、代替の場所へご案内する場合があります。自然現象によって観光内容が左右される可能性があることをご理解の上、ご参加ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行