パーヌルル国立公園・カカドゥ国立公園等を訪れる旅 「砂岩の迷宮バングルバングルを歩く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 砂岩の迷宮バングルバングルを歩く

砂岩の迷宮バングルバングルを歩く

オーストラリア最後の秘境パーヌルル国立公園とアボリジニの聖域カカドゥ国立公園

  • 世界遺産
  • 大自然
  • ハイキング
  • 絶景が広がる丘陵地帯バングルバングルを歩く
  • 神秘的な峡谷カテドラル・ゴージ(パーヌルル国立公園)
  • 断層が両側に迫るミニパームズ・ゴージ
  • 岩の裂け目エキドナ・キャズム
  • アボリジニの聖域アーネムランドを望む(カカドゥ国立公園)
  • ハイキングで壮大な自然を楽しむ
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

訪問する世界遺産

パーヌルル国立公園/カカドゥ国立公園

12名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●絶景が広がる丘陵地帯パーヌルルに3連泊

パーヌルル国立公園はアボリジニの言葉で砂岩を意味する"バングルバングル"とも呼ばれます。地衣類の黒い層と風化した砂岩が交互に重なり、独特の縞模様を描きます。この奇岩地帯の公園内に3連泊し、ゆったりとハイキングをお楽しみいただきます。

●動物観察に適した乾季に、世界遺産カカドゥへ

19世紀初頭に探検家が到達したサウス・アリゲーター・リバー流域に広がる湿地帯カカドゥ国立公園。280種以上の野鳥、74種の爬虫類をはじめとする多くの野生動物が生息しています。乾季は特定の場所に動物が集まるため、観察がしやすくなっています。ツアーでは公園内のホテルに宿泊し、イエローリバークルーズもお楽しみいただきます。

●先住民族アボリジニの芸術にふれる

2万年以上前に描かれたものもあるというアボリジニの岩絵。オーストラリア大陸の気候の変化に合わせて、乾燥した時代の狩りの様子、沿岸部と内陸の人々の争い、さらに近代ではヨーロッパ人なども描かれています。カカドゥ国立公園のウビルーやノーランジー・ロックに今も残る、様々な手法の岩絵を見学します。
  • バングルバングルサバンナ・ロッジ

  • カカドゥ国立公園で野生動物を観察

世界遺産パーヌルル国立公園 バングルバングルに3連泊

アボリジニが2万年前から足を踏み入れていた聖なる土地。かつてはアクセスが困難であったキンバリー地域の荒野は、グレートノーザンハイウェイが通ったことにより乾季にのみアクセスが可能となりました。ツアーでは壮大な景観を持つ国立公園に陸路で訪れ、3連泊滞在。蜂の巣の様な縞模様の岩山が特徴的なピカニニー・クリーク、息をのむ様な絶壁がそびえるエキドナ・キャズムでのハイキングで、バングルバングルの絶景を存分にお楽しみいただきます。
  • 奇岩ビーハイブ

  • アカシア類の花(Acacia eriopoda)

岩山の景観が広がるパーヌルル国立公園

【オプショナルツアー/日程4日目】
バングルバングル遊覧飛行

ピカニニー・クリークやドーム状の岩山など、地上からのアクセスが難しいダイナミックな奇岩地帯を、上空からお楽しみいただけます(約40分)(添乗員は同行しません)。
■料金:54,000円(1名様)
■お申し込み・お支払い方法:ご出発前に日本でお申し込み、お支払いください。
■旅行企画・実施:HELI SPIRIT

 

アボリジニの文化と野生動物の楽園 世界複合遺産カカドゥ国立公園

広大な自然が広がるカカドゥはオーストラリア最大の国立公園で、野生動物の宝庫として知られています。優雅なセイタカコウや数千羽のカササギガンなどの水鳥、ぬかるみで日向ぼっこをする巨大なイリエワニなどが、マングローブ林を進むリバークルーズで観察できます。アボリジニの独自の芸術も見所のひとつ。天地創造や精霊の物語を描いた岩絵がオーストラリアの中で最も多く残っているのはここカカドゥ国立公園です。描かれているモチーフは単純な手形から複雑な狩りの場面、神話に出てくるヘビの神、既に絶滅した動物など様々です。5,000ヶ所以上にもなる岩絵のうち、一般公開されているノーランジー・ロックやウビルーの岩絵を見学します。
  • アボリジニの岩絵(ノーランジー・ロック)

  • イエローリバークルーズ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:55発 空路、東京・大阪よりそれぞれシンガポールへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、シンガポールにて合流します。
機中泊
大阪 23:25発
2 シンガポール 04:55着 シンガポール着後、航空機を乗り換えてオーストラリア北部ノーザンテリトリーのダーウィンへ。着後、航空機にて西オーストラリア州の北東部に位置するカナナラへ。
カナナラ泊
シンガポール 05:05着
シンガポール
ダーウィン
ダーウィン
カナナラ
08:30発
14:45着
夕方発
夕方着
3 カナナラ
パーヌルル国立公園
朝発
午後着
朝、専用車で世界遺産パーヌルル国立公園(バングルバングル)へ向けて出発。1970年代までアボリジニの人々にしか知られていなかった、オーストラリア最後の秘境です。着後、パノラマポイントから夕日の観賞
※国立公園内のバングルバングルサバンナ・ロッジに3連泊。
パーヌルル国立公園:バングルバングルサバンナ・ロッジ泊
4 パーヌルル国立公園   終日、パーヌルル国立公園をハイキング。南部山塊の神秘的な峡谷カテドラル・ゴージへ。三方向を巨岩で囲まれた空間は、驚くほど音が反響することで知られています。ピカニニー・クリークでは蜂の巣の様なドーム状の岩山を間近に見学します。
※ご希望の方はオプショナルツアーにて遊覧飛行にご案内します。
パーヌルル国立公園:バングルバングルサバンナ・ロッジ泊
5 パーヌルル国立公園   引き続き、世界遺産パーヌルル国立公園をハイキング。ハリモグラの岩の裂け目エキドナ・キャズムを目指します。巨石の裂け目から中に入ると、太陽の光が遮られ、神秘的な雰囲気が漂います。150mの断層が両側に迫るミニパームズ・ゴージにもご案内します。
パーヌルル国立公園:バングルバングルサバンナ・ロッジ泊
6 パーヌルル国立公園
カナナラ
カナナラ
ダーウィン

朝発

午後発
夕方着

朝、専用車でカナナラへ戻ります。着後、航空機にてダーウィンへ。
ダーウィン泊
7 ダーウィン
カカドゥ国立公園
朝発
午前着
朝、世界複合遺産カカドゥ国立公園へ。着後、ナマルゴンなどのアボリジニの伝説を表現したノーランジー・ロックの壁画を見学。岩山からはカカドゥを見渡す風景が楽しめます。午後、イエローリバークルーズへ。数多くの野鳥と体長3mを越える巨大なイリエワニが生息する大湿原での自然観察を楽しみます。
カカドゥ国立公園泊
8 カカドゥ国立公園
ダーウィン
午前発
夕方着
引き続き、カカドゥ国立公園の観光。ウビルーでは、遊歩道を歩きアボリジニの岩絵を見学。展望ポイントからはアボリジニの保護地域であるアーネムランドを展望します。その後、ダーウィンへ戻ります。
ダーウィン泊
9 ダーウィン
シンガポール
15:45発
18:55着
午前中休養。昼食後、午後の便でシンガポールへ。着後、航空機を乗り換えて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
シンガポール 23:55発
シンガポール 25:25発
10 東京 08:00着 着後、解散。
大阪 09:05着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:シンガポール航空、シルクエアー
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
05月17日(木) ~ 05月26日(土) 10日間 638,000円
06月21日(木) ~ 06月30日(土) 10日間 638,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 90,000円
相部屋をご希望の場合でも、相部屋の方がいらっしゃらない場合は一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。オーストラリアのETAS渡航認証が必要です(無料)。申請の代行手数料は2,160円です。旅券の有効期限は帰国時まで有効なものが必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。6月は冬に当たりますが日差しや紫外線が強く30℃以上になりますので、日除け対策が必要です。朝晩は20℃以下まで下がりますので、急激な天候の変化にも備え、フリースやウィンドブレーカー等もお持ちください。靴は履きなれたハイキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
その他のご注意 日程4・5日目のパーヌルル国立公園でのハイキングは、他のお客様と混乗になる場合もあります。また、自然観察ですので、写真や日程表中の動植物が必ず見られるとは限りません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行