ガラパゴス諸島・キト旧市街等を訪れる旅 「エクアドルアマゾンと進化論の島ガラパゴス諸島」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > エクアドルアマゾンと進化論の島ガラパゴス諸島

エクアドルアマゾンと進化論の島
ガラパゴス諸島

熱帯雨林が広がるヤスニ国立公園と進化論の島ガラパゴス、エクアドルの2つの異なる国立公園へ

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 動物
  • 大自然
  • 厳選ホテル
  • ピグミーマーモセット
  • アオアシカツオドリ
  • ムナフチュウハシ
  • リクイグアナ
  • ブチアマガエル
  • ボートクルーズの様子
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

ガラパゴス諸島/キト旧市街

8名様から催行・12名様限定

こだわりのホテルに宿泊

ツアーのポイント/ Tour Point 

●エクアドルを代表する異なる生態系を持つ2つの国立公園に滞在

鬱蒼とした熱帯雨林にアマゾンの豊かな自然が残るヤスニ国立公園と太平洋上に浮かぶガラパゴス諸島。どちらもエクアドルが誇る国立公園ですが、その生態系は全く異なります。旅の前半はヤスニ国立公園のサチャロッジに3連泊し、ジャングルに暮らすアマゾンの野鳥や野生動物を観察。後半はガラパゴス国立公園に3連泊。ボートクルーズで3つの島々を訪れ、独自の進化を遂げた貴重な野生動物の観察をお楽しみいただきます。

エクアドルアマゾン・野鳥の楽園 ヤスニ国立公園

エクアドル北東部のアマゾン地域に位置するヤスニ国立公園。アマゾン川に流れ込むナポ川流域に広がり、アマゾンの源流のひとつと言われます。また、アマゾンに生息する鳥類の3分の1に当たる590種類もの野鳥が生息することで知られる野鳥の楽園でもあります。ご宿泊いただくサチャロッジ周辺には地上36mの高さに全長270mにも及ぶキャノピーウォークが設置されています。カラフルなコンゴウインコやシロムネオオハシ、青色が美しいソライロカザリドリ、その昔始祖鳥の生き残りとも言われたツメバケイなど貴重なジャングルの野鳥観察がお楽しみいただけます。哺乳類ではアカホエザルやカプチーノモンキー、尾を除くと体調が11-15cm程しかないピグミーマーモセットなどのサル類を中心に、メガネワニのカイマン、アグーチ、運が良ければオオカワウソやバクに出会うチャンスもあります。
  • 塩土を食べるインコ

  • モンクサキ

  • ツメバケイ

  • キャノピーウォーク

  • グラスウィング・バタフライ

アマゾンのエコロッジ「サチャロッジ」に3連泊

サチャロッジ[ヤスニ国立公園/3連泊]

快適な滞在を提供すると共に、周囲の熱帯雨林の環境を十分に配慮したエコロッジ。高い茅葺きの屋根とテラスを備えた客室はすべて、伝統的な素材で作られ、緑豊かなジャングルの中に隠れ家の様に配置されています。各客室からはジャングルを眺め、野鳥やサルなどの野生動物観察のチャンスもあります。

  • 熱帯雨林に囲まれたエコロッジ

  • お部屋の一例

進化論の島 ガラパゴス諸島

500~1000万年前から現在まで続く火山活動により形成されたガラパゴス諸島。天敵になるような大型の哺乳類も存在しないため、他では見ることのできない固有の動植物の宝庫となっています。ガラパゴス諸島の名前の由来にもなったゾウガメは島や地域ごとに甲羅の形状の違いが見られます。青い足が印象的なアオアシカツオドリや求愛のために赤い喉袋を膨らませるグンカンドリ、住む場所を分けたイグアナなど独自の進化を遂げた野鳥や野生動物の観察をお楽しみください。
  • グンカンドリ

  • ガラパゴスゾウガメ

フィンチ・ベイ・エコ・ホテル滞在でめぐるガラパゴス諸島の旅

ガラパゴス諸島観光で一般的なクルーズ船での滞在ではなく、サンタクルス島にあるリゾートホテル「フィンチ・ベイ・エコ・ホテル」に滞在し、船酔いの心配もなく快適にガラパゴス島での自然観察をお楽しみいただきます。マングローブの森に囲まれ、白砂のビーチが直結しており、日向ぼっこをするウミイグアナやプールサイドに遊びに来る野鳥も間近に見る事ができる、まさにガラパゴスを体感できる自然の中のリゾートホテルです。
  • ロビー

  • 部屋の一例

  • レストラン

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アメリカ内都市
アメリカ内都市
キト

午前又は午後発


午前又は午後発

空路、アメリカ内都市乗り換えでエクアドルの首都キトへ。着後、ホテルへ。
キト泊
2 キト
コカ
コカ
ヤスニ国立公園

午前発


約2時間

航空機にてエクアドル北東部ヤスニ国立公園の玄関口となるコカへ。着後、カヌーに乗ってアマゾンのジャングルの中に建つサチャロッジへ。着後、熱帯雨林の野鳥観察やバタフライファームの見学夜は夜行性の動物を観察するナイトサファリをお楽しみください。
※周囲をジャングルに囲まれた大自然の中に建つサチャロッジに3連泊。
ヤスニ国立公園:サチャロッジ泊
3 ヤスニ国立公園   早朝、高さ36m、樹上に作られたキャノピーウォークを歩き、コンゴウインコやシロムネオオハシ、ツメバケイなどアマゾンの野鳥観察。その後、午前と午後にそれぞれナチュラリストガイドと共にジャングルウォーク。特異な植物や野鳥、動物などを観察します。
ヤスニ国立公園:サチャロッジ泊
4 ヤスニ国立公園   午前、ジャングルを歩き、ラガルトコカ湖へ。着後、カヌーサファリウォーキングサファリ。アナコンダ、カイマン、カピバラ、フサオマキザルやリスザルなどが観察できるチャンスです。夕方、再びカヌーサファリ。ノドジロオマキザル、ホエザル等の霊長類の観察をお楽しみください。運が良ければオオカワウソ、ナマケモノが観察できるチャンスもあります。夕方、スマコ火山を展望するキャノピーからの夕日鑑賞。その後、カヌーにのってロッジへと戻ります。
ヤスニ国立公園:サチャロッジ泊
5 ヤスニ国立公園
コカ
コカ
キト

約2時間


午前又は昼発

カヌーと専用車にてコカの空港へ。航空機にてキトへ戻ります。午後、キト市内観光カテドラル(外観)赤道記念公園等)。
キト泊
6 キト
バルトラ島
サンタクルス島

午前発


午後着

航空機にてグアヤキル経由でガラパゴス諸島の空の玄関口・バルトラ島へ。着後、バスとボートでサンタクルス島へ。途中、サンタクルス島・ハイランド地区の観光(野生のガラパゴスゾウガメの棲息地ゾウガメ保護区等)。
サンタクルス島:フィンチ・ベイ・エコ・ホテル泊
7 サンタクルス島
(ガラパゴス諸島ボートクルーズ)
  終日、ガラパゴス諸島のボートクルーズ。海水浴やシュノーケリングもお楽しみいただきます。
※7~8日目のクルーズでは、1日につきノース・セイモア島、プラサ島、サンタ・フェ島、バルトロメ島のうち、いずれかひとつの島にご案内します。
サンタクルス島:フィンチ・ベイ・エコ・ホテル泊
8 サンタクルス島
(ガラパゴス諸島ボートクルーズ)
  引き続き、ガラパゴス諸島のボートクルーズをお楽しみいただきます。
サンタクルス島:フィンチ・ベイ・エコ・ホテル泊
9 サンタクルス島
バルトラ島
バルトラ島
キト
キト

10:00発
11:00着
昼又は午後発


深夜発

朝、サンタクルス島のダーウィン研究所を見学。その後、バルトラ島へと向かい、航空機にてグアヤキル経由でキトへ。着後、夕食の後、空港へ。深夜の航空機にてアメリカ内都市へ。
機中泊
10 アメリカ内都市
アメリカ内都市
早朝着
午前発
着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月26日(日) ~ 12月06日(水) 11日間 898,000円
03月09日(金) ~ 03月19日(月) 11日間 898,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は14,000円です(6月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 190,000円
相部屋ご希望の場合でも相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間は無料、それ以外の日本主要都市からは往復1万円の追加で別途手配いたします(ただし、利用航空会社の指定の予約クラスに空席がある場合に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:追加費用の目安は50~70万円前後となります。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早目にお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はエクアドル入国時に6ヶ月以上必要です。査証欄の余白は1ページ以上必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 夏服が基本になります。ヤスニ国立公園では虫除けに長袖シャツの着用をお勧めします。雨は一年を通じて降る可能性がありますので雨合羽(上下セパレート式のもの)をご準備ください。ガラパゴス諸島でも夏服で過ごせますが、朝晩用に薄手の上着をご準備ください。首都のキトは標高が2,800m程の高地にあり、朝晩は10度以下にまで冷え込みます。フリースやジャンパーなどの防寒着もご準備ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
ガラパゴス諸島の観光について ガラパゴス諸島のボートクルーズは、ノース・セイモア島、プラサ島、サンタ・フェ島、バルトロメ島のいずれかの島にご案内します。2日とも同じ島にご案内することはございません。訪問先は最終案内にてご案内しますが、天候、国立公園等からの要請や現地諸事情により、予告なく観光内容や訪問する島が変更になる場合があります。諸島内で利用するボートやバスは、弊社のツアー以外のお客様とご一緒になります。ガラパゴス諸島の野生動物は非常に希少ですので、パンフレットに掲載の写真及び日程表内の動物はご覧いただけないこともあります。予めご了承ください。
ホテルについて ガラパゴス諸島内はホテルの数や部屋数に限りがありますので、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行