パンタナール自然保全地域等を訪れる旅 「水の楽園ボニートと大湿地帯パンタナール」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > 水の楽園ボニートと大湿地帯パンタナール

水の楽園ボニートと大湿地帯パンタナール

ブラジルが誇る大自然パンタナールを満喫

ボニートでの美しく澄んだ川でのシュノーケルと青の洞窟、憧れの絶景を効率よく巡る、ブラジル大自然の旅。

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 動物
  • 悠々と泳ぐ魚を間近で観察(ボニート)
  • ブラジルの国鳥・トゥッカーノ
  • 巨大なオオオニバスの葉が広がる(北パンタナール)
  • 全長60cmにもなるピラプタンガも泳ぐ
  • 愛嬌のある顔をしたカピバラ
  • メガネカイマン
  • キイロアナコンダ
  • スミレコンゴウインコ
  • オオアリクイ
  • ジャングルウォーク(南パンタナール)
  • ボニートの町の奇抜な公衆電話
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

パンタナール自然保全地域

地方都市からの出発もお手伝い!

大阪、名古屋からは無料、札幌、福岡など主要都市からも片道5,000円で手配いたします。

ツアーのポイント/ Tour Point

●南から北まで、パンタナールの魅力を一度に味わう

セラードと呼ばれるサバナが広がる北部パンタナールでは動物観察やピラニア釣りをお楽しみいただきます。水の楽園ボニートを中心とした南パンタナールでは青の洞窟探検、美しく澄んだスクリー川で魚と一緒に泳ぐシュノーケル等、体験型の観光も魅力です。

●多様な動物たちを乾季のベストシーズンに観察!

自然が豊かなブラジルの中でも世界最大級の湿地帯を抱えたパンタナール地域にしぼり、大自然を体感していただきます。雨季にはその8割が水で覆われるパンタナールですが、6月からの乾季では広大な湿原から1本のパラグアイ川へと水がゆっくりと引いていき、密生した植物がそこかしこに現れます。300種にもなる哺乳類や480種の爬虫類、そして1000種を超える鳥類も姿を現し、動物観察やバードウォッチングに適した時期を迎えます。

●連泊主体でゆとりの日程

北パンタナールと南パンタナールそれぞれで2連泊、途中南パンタナールの玄関都市カンポグランジでも1泊するゆとりある日程でブラジル屈指の自然を満喫いただきます。

北パンタナールの水辺で動物観察を楽しむ

イギリスの国土にも匹敵するパンタナールの広大な湿地帯は、野生動物の観察のための絶好の場所といえます。見渡す限り雄大な自然が広がる北パンタナール地域ではボートや専用車を利用してのサファリで、その湿地帯の深くまで入り込み多くの鳥類や爬虫類、哺乳類などを見つけることができます。代表的なカピバラやカイマン、ピラニア、ホエザル、スミレコンゴウインコなどはもちろんのこと運がよければ絶滅危惧種のオオカワウソや湿原に適応したヌマジカ、アメリカバクなどもご覧いただけます。希少な野生動物の楽園の訪問は忘れられない思い出となるでしょう。

ボートクルーズで自然観察へ

神秘的な水の楽園 ボニート

南パンタナールの中心地ボニートの魅力は、「ブラジルの中のカリブ海」とも呼ばれ、信じられないほどのブルーの色を持つ河川を間近に感じることができる点です。地中に含有する膨大な量の石灰岩のために、これらの河川を流れる水は川床に堆積している自然のフィルターによって濾過され、その結果、完全な透明度を誇ります。ゆったり流れるスクリー川でのシュノーケルでは、その透明感を感じながら色鮮やかな多くの淡水魚と戯れることもできます。またボニートは洞窟や滝が豊富な地域です。地下100mにあるアズール湖の洞窟内は幅120mあり、1912年にインディオの少女が偶然見つけました。92年にサンパウロ大学の番組制作会社が80m先まで調査しましたが、その先まで続いてるかはまだ不明です。午前中に差し込む日光は洞窟内で屈折して神秘的な青色に見えるでしょう。
  • 神秘的な青色のアズール湖

  • 澄んだ川の流れに沿って進む

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
米国内都市

午前又は午後発

午後又は夕方発

空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、ブラジルのサンパウロへ。
機中泊
2 サンパウロ
サンパウロ
カンポグランジ
ボニート
午前着
午後発
サンパウロ着後、航空機を乗り換え、南パンタナールの玄関口、カンポグランジへ。着後、専用車にて水の楽園と呼ばれるボニートへ向かいます。
ボニート泊
3 ボニート   終日、水の楽園・ボニートの観光。
抜群の透明度を誇る美しいスクリー川をシュノーケリングやボート上からご覧いただけます。様々な魚とともに、運がよければオオカワウソやバクにも出会えるでしょう。また、青の地底湖にもご案内します。
ボニート泊
4 ボニート
カンポグランジ
朝発 朝食後、カンポグランジへ戻ります。途中、南パンタナールの観光。パンタナール地方の典型的な農場にご案内します。カピバラやトヨヨ、アナコンダ、オオアリクイに遭遇するチャンスが大変高い場所です。
カンポグランジ泊
5 カンポグランジ
クイアバ
北パンタナール
午前発 午前中、空路、北パンタナールの玄関口クイアバへ。着後、専用バスにて北パンタナールのホテルへ。
北パンタナール泊
6 北パンタナール   終日、世界遺産の北パンタナール大湿原を観光。動植物の種類の豊富さでも世界一と言われるパンタナールで大自然を満喫いただきます。ボートクルーズでは南米大陸の固有種カピバラやパンタナール最大の鳥トヨヨ、美しい体色のスミレコンゴウインコ、またブラジルの国花イペーもご覧いただけるでしょう。ナイトサファリではワニなどの観察をお楽しみいただきます。
北パンタナール泊
7 北パンタナール
クイアバ
サンパウロ
サンパウロ

朝発
夕方着

夜又は深夜発

朝、専用バスにてクイアバへ戻ります。着後、午後の航空機にてサンパウロへ。その後、航空機を乗り換えて、米国内都市へ。
機内泊
8 米国内都市
米国内都市
午前着
午前発
着後、航空機を乗り換え、帰国の途につきます。
機内泊
9 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝5/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price

2015年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
06月25日(木) ~ 07月03日(金) 9日間 618,000円
08月21日(金) ~ 08月29日(土) 9日間 658,000円
09月18日(金) ~ 09月26日(土) 9日間 618,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は42,000円です(11月27日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名<添乗員同行>
お一人部屋使用料 88,000円
日本の国内線割引は:大阪・名古屋/東京間は無料、札幌・福岡など、それ以外の日本主要都市からは片道5,000円の追加で別途手配いたします(ただし、利用航空会社指定の予約クラスに空席がある場合に限ります)。詳しくはお問い合わせください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ブラジル(3,250円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚、預金残高証明書1通。旅券の残存有効期間は査証申請時に6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。アメリカのESTA渡航認証が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,320円)。
気候・服装 パンタナールは乾季のベストシーズンにあたります。夏服を基本に、朝晩の冷え込みや虫刺されに備えて長袖シャツと長ズボンをお持ちください。靴は履きなれた運動靴をご用意ください。ボニートでのシュノーケルでは水着や速乾性の服が必要です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 自然観察ですので、写真や日程表等に記載のある動植物が必ずしも見れるとは限りません。ロッジ主催のアクティビティに参加するため、他のお客様と一緒になったり、分乗になる場合があります。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行