聖カタリーナ修道院・マサダ・聖書の遺丘群(メギド)・アッコ旧市街・エルサレム旧市街等を訪れる旅 「シナイ半島とイスラエル周遊の旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > シナイ半島とイスラエル周遊の旅

シナイ半島とイスラエル周遊の旅

カイロからエルサレムを陸路でつなぎモーセの足跡をたどる

聖なるシナイ山に登り、モーセの足跡を辿りイスラエルへ。 7つの世界遺産を訪れ、旧約・新約聖書の地を巡る13日間

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 聖地巡礼
  • 登頂
  • 国境越え
  • 荒涼とした大地を赤く染めるシナイ山の夜明け
  • 世界遺産・聖カタリーナ修道院
  • 主の涙の教会より望むエルサレム・岩のドーム
  • カイザリアのローマ水道橋
  • 聖墳墓教会
  • 人々が祈りを捧げる嘆きの壁
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中近東の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

聖カタリーナ修道院(エジプト)/マサダ(イスラエル)/聖書の遺丘群(メギド)(イスラエル)/アッコ旧市街(イスラエル)/エルサレム旧市街(イスラエル)/ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路(イスラエル)/テルアビブの白亜の建築群(イスラエル)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●旧約聖書・新約聖書の世界を巡る旅

シナイ半島を走り抜けエジプトから陸路でイスラエルへ。モーセの道をたどり旧約聖書・新約聖書の世界を巡ります。

●ゴラン高原まで足を伸ばす充実の観光内容

イエス・キリストの宣教地だったガリラヤ湖畔では、イエスゆかりの史跡を数多く見学。また、北部ゴラン高原まで足を延ばし、緑豊かなバニヤス国立公園も訪れます。

●聖地エルサレムに3連泊

キリストが十字架を背負って歩いた悲しみの道(ヴィアドロローサ)や聖墳墓教会、旧市街を見下ろすオリーブ山などイエスゆかりの地を数多く訪れます。また、岩のドームが聳える神殿の丘や第2神殿時代の「西の壁」を見学するトンネルウォークへもご案内いたします。

●一歩踏み込んだ充実の観光内容

イエス生誕の地ベツレヘム、世界最古の町と言われるエリコ、港町アッコやヤッフォの旧市街、悲劇の要塞都市マサダなど歴史に残るイスラエルの見どころをより深く知っていただけるコース内容です。死海では浮遊体験もお楽しみください。
  • 聖書ゆかりの地を行く こだわりの手配
  • モーセゆかりの聖なるシナイ山へ

    シナイ山を日の出にあわせて登り、モーセが十戒の石版を授かったシナイの山の神々しい朝日を眺めます 。

    山頂から朝日を眺める

    シナイ山頂で日の出を望む

  • 複雑な歴史をより理解するために

    聖地エルサレムでは、旧約聖書、新約聖書それぞれのゆかりの地を分けて訪問いたします。これにより複雑な歴史もより分かりやすくなるはずです。
    聖墳墓教会

    ベツレヘム聖誕教会内のイコン

  • 連泊中心のゆとりある日程

    聖地エルサレムに3連泊、ガリラヤ湖にも2連泊。連泊中心のゆったり日程で聖書の世界を巡ります。



    カイザリア湖周辺に建つ山上の垂訓教会

    カイザリア湖周辺に建つ山上の垂訓教会

  • 「西の壁」トンネルウォークへもご案内

    第2神殿時代の「西の壁」を見学するトンネルウォークへご案内します。約3000年の歳月を経て、ソロモン王時代に建てられた神殿の一部をご覧いただくことができます。


    西の壁トンネルウォーク

    トンネルウォークの様子

  • イスラエルの名産・名物料理

    イスラエルワインはもちろん、「コーシェル」と呼ばれるユダヤ教の教えに従ったユダヤ料理を中心に、ケバブなどのアラブ料理もお楽しみいただきます。また、ガリラヤ湖畔では名物のセント・ピーターズ・フィッシュもご賞味ください。
    セント・ピーターズ・フィッシュ

    コーシェル料理の一例

日程表/ Schedule 地図を見る

  • 通常の日程
  • 4/29発 11日間の日程

【 通常の日程表 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:30発 空路、東京・大阪よりそれぞれカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行(往復)し、ドーハにて合流します。
機中泊
大阪 23:05発
2 ドーハ 03:20着 ドーハ着後、航空機を乗り換えて、エジプトのカイロへ。着後、ホテルへ。
カイロ泊
ドーハ 03:50着
ドーハ
カイロ
09:00発
11:30着
3 カイロ
モーセの泉
聖カタリーナ
08:00発

18:00着

専用バスにてスエズ運河のトンネルを通りシナイ半島へ。砂漠の中を走り、シナイ山麓の聖カタリーナへ向かいます。途中、モーセが人々の渇きを癒したという「モーセの泉」に立ち寄ります。
聖カタリーナ泊
4 (シナイ山登頂)
聖カタリーナ
タバ
(国境)
エイラット

11:00発


17:00着
夜中にホテルを出発しモーセが十戒を授かったシナイ山に登頂(片道約3時間)。山頂から日の出を眺めます。
※麓からシナイ山の山頂近くまで実費にてラクダで移動することも可能です。ご希望の方はお知らせください。
その後、山麓の聖カタリーナ修道院を訪れ、国境の町タバへ。イスラエル入国手続きの後、紅海のリゾート地エイラットへ。
エイラット泊
5 エイラット
マサダ
死海
08:00発

15:00着
専用バスにて死海へ。途中、死海周辺に残る悲劇の要塞都市マサダを見学します。午後は死海でゆっくりとお過ごしいただき、浮遊体験などをお楽しみください。
死海泊
6 死海
クムラン
ベイト・シェアン
エリコ
ガリラヤ湖
08:00発



18:00着
専用バスにてガリラヤ湖のほとりへ。途中、「死海文書」が発見されたクムラン洞窟の展望台、紀元前4000年頃に築かれた町ベイト・シェアンに残るローマ遺跡を見学。またパレスチナ自治区内に位置する世界最古の町エリコも訪れます。
※ガリラヤ湖畔に2連泊し、イエスゆかりの史跡をゆっくり見学します。
ガリラヤ湖畔泊
7 ガリラヤ湖
(タブハ)
(ゴラン高原)
  終日、イエス・キリスト宣教の地ガリラヤ湖周辺を観光。タブハでは、山上の垂訓教会5つのパンと2匹の魚の教会、イエスが説教をした地カペナウムなどを見学。ゴラン高原のバニヤス国立公園へも足を延ばします。また、船でガリラヤ湖の遊覧もお楽しみください。昼食は、ガリラヤ湖名物のセント・ピーターズ・フィッシュをお召し上がりいただきます。
ガリラヤ湖畔泊
8 ガリラヤ湖
カナ
ナザレ
メギド
ハイファ
08:00発



17:00着
専用バスにてエズレル平野へ。途中、新約聖書に登場する「カナの婚礼」の舞台となったカナの教会ナザレ受胎告知教会聖ヨセフ教会)、最終戦争の地とされる都市遺跡メギドを見学。その後、イスラエル第3の都市ハイファへ。
ハイファ泊
9 ハイファ
アッコ
カイザリア
ヤッフォ
テルアビブ
エルサレム
07:30発




18:30着
専用バスにて聖地エルサレムへ向かいます。途中、港町アッコの旧市街カイザリアの水道橋世界最古の港ヤッフォの旧市街テルアビブの白亜の建築群を見学します。
※エルサレムに3連泊し、旧市街と新市街の観光に十分な時間を設けております。
エルサレム泊
10 エルサレム
(旧市街)
(新 市 街)
  終日、エルサレム観光。この日は旧約聖書ゆかりの地を中心に巡ります(岩のドーム(神殿の丘)嘆きの壁ダビデの塔エルサレム考古学公園等)。その他、エルサレム新市街のイスラエル博物館内の写本館、エンカレムの洗礼者ヨハネ誕生の教会も見学します。また、第二神殿時代の城壁を見学する「西の壁」のトンネルウォークへもご案内いたします。
エルサレム泊
11 エルサレム
(旧市街)
(新 市 街)
(ベツレヘム)
  終日、引き続きエルサレム観光。この日は新約聖書ゆかりの地を中心に巡ります(ヴィアドロローサ聖墳墓教会最後の晩餐が行なわれた部屋鶏鳴教会等)。その他、賑わうバザールや旧市街を見下ろすオリーブ山を見学(主の涙の教会ゲッセマネの園万国民の教会)。パレスチナ自治区内に位置するイエス生誕の地ベツレヘムを訪れ、聖誕教会も見学します。
エルサレム泊
12 エルサレム
(国境)
アンマン
アンマン
ドーハ
08:00発

13:00着
16:35発
19:15着
専用バスにてヨルダンとの国境へ。ヨルダンへと入り、アンマンの空港へ。午後の航空機にてドーハへ。
機中泊
13 ドーハ
東京
01:45発
17:55着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ドーハ
大阪
01:35発
17:25着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼11/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空、エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※上記はカタール航空利用の日程です。エミレーツ航空利用の場合は、乗換地がドバイとなり、国際線の発着時刻が異なります。

【 4/29発11日間の日程表 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:30発 空路、東京・大阪よりそれぞれカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行(往復)し、ドーハにて合流します。
機中泊
大阪 23:05発
2 ドーハ 03:20着 ドーハ着後、航空機を乗り換えて、エジプトのカイロへ。着後、ホテルへ。
カイロ泊
ドーハ 03:50着
ドーハ
カイロ
09:00発
12:30着
3 カイロ
モーセの泉
聖カタリーナ
08:00発

18:00着

専用バスにてスエズ運河のトンネルを通りシナイ半島へ。砂漠の中を走り、シナイ山麓の聖カタリーナへ向かいます。途中、モーセが人々の渇きを癒したという「モーセの泉」に立ち寄ります。
聖カタリーナ泊
4 (シナイ山登頂)
聖カタリーナ
タバ
(国境)
死海

11:00発


19:00着
夜中にホテルを出発しモーセが十戒を授かったシナイ山に登頂(片道約3時間)。山頂から日の出を眺めます。 ※麓からシナイ山の山頂近くまで実費にてラクダで移動することも可能です。ご希望の方はお知らせください。
その後、山麓の聖カタリーナ修道院を訪れ、国境の町タバへ。入国手続きの後、死海へ。
死海泊
5 死海
マサダ
クムラン
ベイトシェアン
ガリラヤ湖
10:00発



17:00着
朝、死海での浮遊体験をお楽しみ下さい。その後、専用バスにてガリラヤ湖へ。途中、悲劇の要塞都市マサダクムラン洞窟ベイト・シェアンのローマ遺跡を見学します。
ガリラヤ湖畔泊
6 ガリラヤ湖
(タブハ)
(ゴラン高原)
  終日、イエス・キリスト宣教の地ガリラヤ湖周辺を観光。タブハでは、山上の垂訓教会5つのパンと2匹の魚の教会、イエスが説教をした地カペナウムなどを見学。ゴラン高原のバニヤス国立公園へも足を延ばします。また、船でガリラヤ湖の遊覧もお楽しみください。昼食は、ガリラヤ湖名物のセント・ピーターズ・フィッシュをお召し上がりいただきます。
ガリラヤ湖畔泊
7 ガリラヤ湖
ナザレ
カイザリア
ヤッフォ
テルアビブ
エルサレム
08:00発




18:00着
専用バスにて聖地エルサレムへ向かいます。途中、ナザレ受胎告知教会聖ヨセフ教会)、カイザリアの水道橋とローマ遺跡世界最古の港ヤッフォの旧市街テルアビブの白亜の建築群を見学します。
※エルサレムに3連泊し、旧市街と新市街の観光に十分な時間を設けております。
エルサレム泊
8 エルサレム
(旧市街)
(新市街)
  専用バスにてエズレル平野へ。途中、新約聖書に登場する「カナの婚礼」の舞台となったカナの教会ナザレ受胎告知教会聖ヨセフ教会)、最終戦争の地とされる都市遺跡メギドを見学。その後、イスラエル第3の都市ハイファへ。
エルサレム泊
9 エルサレム
(旧市街)
(新市街)
(ベツレヘム)
  終日、引き続きエルサレム観光。この日は新約聖書ゆかりの地を中心に巡ります(ヴィアドロローサ聖墳墓教会最後の晩餐が行なわれた部屋鶏鳴教会等)。その他、賑わうバザールや旧市街を見下ろすオリーブ山を見学(主の涙の教会ゲッセマネの園万国民の教会)。パレスチナ自治区内に位置するイエス生誕の地ベツレヘムを訪れ、聖誕教会も見学します。
エルサレム泊
10 エルサレム
(国境)
アンマン
アンマン
ドーハ
08:00発

13:00着
16:35発
19:15着
専用バスにてヨルダンとの国境へ。ヨルダンへと入り、アンマンの空港へ。午後の航空機にてドーハへ。
機中泊
11 ドーハ
東京
01:45発
17:55着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ドーハ
大阪
01:35発
17:25着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空、エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※上記はカタール航空利用の日程です。エミレーツ航空利用の場合は、乗換地がドバイとなり、国際線の発着時刻が異なります。

出発日と料金/ Price  

2015年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
02月06日(金) ~ 02月18日(水)
野花と巡礼の季節
13日間 488,000円
03月06日(金) ~ 03月18日(水)
野花と巡礼の季節
13日間 488,000円
04月29日(水) ~ 05月09日(土)
ゴールデンウィーク特別企画
11日間 538,000円
06月05日(金) ~ 06月17日(水) 13日間 498,000円
10月16日(金) ~ 10月28日(水) 13日間 498,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は30,000円〜48,000円です(11月27日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 80,000円 ※4/29発:70,000円 ※6/5発、10/16発:88,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道10,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空、エミレーツ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) エジプトは入国時に空港にて取得します。査証代実費(約25米ドル)は現地にて添乗員が集めさせていただきます。ヨルダン(査証代実費無料)、代行手数料(4,320円)。イスラエルは査証不要です。旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は5ページ以上(見開き4ページを含む)必要です。
気候・服装 3~6月は春、9月~10月は秋のベストシーズンで、合服が基本となります。いずれの季節も朝晩の冷え込みに備えて上着をお持ちください。特にシナイ山山頂にて日の出を待つ時は冷え込み、しっかりとした防寒着が必要です。日中は晴れると日差しが強いので、帽子もご用意ください。死海に入られる方は水着もお持ちください。また、シナイ山登頂の際は履き慣れた運動靴をご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 神殿の丘は政情等により入域できないことがあります。その場合は他の見学地へご案内いたします。なお、岩のドーム内部への異教徒の入場は禁止されています。ベツレヘムの生誕教会では、イエス・キリストが生まれたとされる洞窟の見学に2〜3時間並ぶことがあります。また、聖墳墓教会では、イエス・キリスト霊廟内への見学が長蛇の列の場合は外観のみの見学となります。
宿泊について 聖カタリーナのホテルでは、簡易な宿泊施設となり、お湯の出が悪いことがあります。予めご了承ください。
その他のご注意 シナイ半島移動時は、一部警察車両が先導し、車両が隊列を組んで移動する「コンボイ」を利用することがあります。
4/29発コースについて 4/29発コースは11日間の特別コースです。

【エジプトの危険情報について】

2014年11月現在、エジプトのシナイ半島には「渡航の延期をお勧めします」という外務省の危険情報が発出されています。弊社では現地手配会社に確認し、ツアーを行なう事に問題がないことを確認しておりますが、情勢の変化などにより、日程内容に若干の変更が生じる可能性があります。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行