秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

シルクロードⅠ 中国・西域から中央アジア、イラン高原へ

中国、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン

中国から天山山脈を越え、中央アジア4ヶ国を巡りペルシャまでシルクロードのロマン溢れる27日間。
国境を越えて移りゆくシルクロードの文化に触れる。
かつてのサマルカンドの中心地レギスタン広場(ウズベキスタン)
かつてのサマルカンドの中心地レギスタン広場(ウズベキスタン)
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
個人旅行・フリープラン
中央アジア5ヵ国特集ページへ
8名様催行
15名様限定

長期間の旅をできる限り快適にお過ごしいただけるよう、人数限定コースとしております。
季節ごとのシルクロードの食を楽しむ
シルクロードらしいナンやラグメン、キャヴァーブの他、季節のフルーツもご賞味ください。

みどころ/ Point

シルクロードの魅力を一度に体感する壮大な旅
古来よりキャラバンが行き交い、文化や宗教も交差したシルクロードの軌跡を訪ねます。一度に巡るからこそ、民族・食事・文化の変化を実感することができます。また、各地でシルクロードならでは食もお楽しみいただきます。
中央アジアでは9つの世界遺産を訪問
ウズベキスタン、トルクメニスタンでは、各国ともすべての世界遺産を訪問。長大な歴史を刻む遺跡群を見学します。
雄大な自然を堪能
雪を被った天山山脈、紺碧のイシク・クル湖、赤い砂漠を意味するキジル・クムなど、シルクロードの自然景観もご覧いただきます。
ロバ車に乗る人(中国/カシュガル)
ロバ車に乗る人(カシュガル)
メルブの城壁址・大キズカラ(トルクメニスタン)
メルブの城壁址・大キズカラ
(トルクメニスタン)
万里の長城(中国)
ホジャ・アフメッド・ヤサウィ廟(カザフスタン)
古都サマルカンド(ウズベキスタン)
シャフリサブスの中心街(ウズベキスタン)
中世隊商都市・ブハラ(ウズベキスタン)
ヒヴァ遺跡の内城イチャン・カラ(ウズベキスタン)
クニャ・ウルゲンチ(トルクメニスタン)
ニサのパルティア王国の都城跡(トルクメニスタン)
古代都市遺跡・メルブ(トルクメニスタン)


「天山の真珠」イシク・クル(キルギス)

▲クリックすると拡大します

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京/大阪
北京
空路、東京・大阪よりそれぞれ北京へ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、北京にて合流します。
北京泊
2 北京
ウルムチ
出発まで北京市内観光万里の長城等)。その後、航空機にて新疆ウイグル自治区の中心地ウルムチへ。
ウルムチ泊
3 ウルムチ
カシュガル
出発までウルムチ市内観光(唐代の輪台の残る烏拉泊古城バザール等)。夜の便にてカシュガルへ。
カシュガル泊
4 カシュガル 終日、カシュガル市内観光エイティガル・モスク香妃墓旧市街職人街等)。
カシュガル泊
5 カシュガル
(国境)
ナリン
専用車にて、国境のトルガルト峠を越えてキルギスのナリンへ。
ナリン泊
6 ナリン
チョルパン・アタ
専用車にてイシク・クル湖畔のチョルパン・アタへ。着後、岩絵野外博物館を見学。
チョルパン・アタ泊
7 チョルパン・アタ
(国境)
アルマトイ
専用車にて国境を越え、カザフスタン最大の都市アルマトイへ。
アルマトイ泊
8 アルマトイ
(国境)
ビシュケク
午前中、アルマトイ市内観光博物館パンフィロフ公園等)。午後、専用車にて国境を越え、キルギスの首都ビシュケクへ。
ビシュケク泊
9 ビシュケク
(国境)
タラス
午前中、ビシュケク市内観光アラ・トー広場国立博物館等)。午後、専用車にて再びカザフスタンへと入り、古戦場として有名なタラスへ。着後、タラス川を見学。
タラス泊
10 タラス
トルケスタン
朝、カラハン朝のアイシャ・ビビ廟を見学した後、シムケントを経由して聖地トルケスタンへ。着後、ティムールゆかりのホジャ・アフメッド・ヤサウィ廟を見学。
トルケスタン泊
11 トルケスタン
(国境)
タシケント
専用車にて、国境を越えてウズベキスタンの首都タシケントへ。途中、チンギス・ハンが中央アジアを征服する端緒となったオトラル遺跡を見学。タシケント着後、市内観光旧市街等)。
タシケント泊
12 タシケント
サマルカンド
専用車にて青の都サマルカンドへ。着後、市内観光レギスタン広場グル・エミル廟バザール等)。
サマルカンド泊
13 サマルカンド 前日に引き続き、サマルカンド市内観光ビビ・ハニムモスクウルグ・ベクの天文台アフラシアブの丘シャーヒ・ジンダ廟等)。
サマルカンド泊
14 サマルカンド
シャフリサブス
ブハラ
専用車にてブハラへ。途中、ティムールの故郷シャフリサブスに立ち寄ります。
ブハラ泊
15 ブハラ 終日、ブハラ市内観光チャール・ミナルナディール・ディバンベキのメドレッセタキカリヤン・ミナレットイスマイル・サマニ廟アルクボロ・ハウズ・モスク等)。夜は民族舞踊をお楽しみください。
ブハラ泊
16 ブハラ
ヒヴァ
専用車にてヒヴァへ。
ヒヴァ泊
17 ヒヴァ 終日、ヒヴァの内城イチャン・カラ観光
ヒヴァ泊
18 ヒヴァ
(国境)
タシャウズ
(クニャ・ウルゲンチ)
アシュハバード
専用車にて国境を越え、トルクメニスタンのタシャウズへ。着後、ホラズム王国の都のあったクニャ・ウルゲンチを見学(クトゥルグ・ティムールのミナレットチュラベク・ハニム廟テケッシュ廟等)。その後、航空機にて首都アシュハバードへ。
アシュハバード泊
19 アシュハバード 終日、アシュハバード市内及び近郊の観光国立博物館、パルティア王国の都ニサアハルテケ(汗血馬)の飼育場等)。
アシュハバード泊
20 アシュハバード
マリ
(メルブ)
空路、マリへ。着後、中央アジア最大の遺跡と呼ばれるメルブを観光。
マリ泊
21 マリ
(マルグッシュ遺跡)
四輪駆動車に分乗し、世界最古の文明が誕生した地とされるマルグッシュ遺跡を往復観光。
マリ泊
22 マリ
(国境)
マシャド
専用車にて国境を越えイランへと入り、イスラム教シーア派の聖地マシャドへ。
マシャド泊
23 マシャド
ニーシャープール
サブセバール
朝、マシャド市内観光ハラム・モハッタル広場等)。その後、専用車にてサブセバールへ。途中、シャープール1世の名を冠したニーシャープールに立ち寄ります。
サブセバール泊
24 サブセバール
ミヤンダシュト
セムナン
専用車にてセムナンへ。途中、ミヤンダシュトのキャラバンサライ跡を見学。
セムナン泊
25 セムナン
テヘラン
朝、中世の雰囲気の残るセムナン旧市街を散策。その後、専用車にてイランの首都テヘランへ。夕食は伝統料理アブ・グーシュトをご賞味ください。
テヘラン泊
26 テヘラン 出発までテヘラン市内観光考古学博物館絨毯博物館等)。
機中泊
27 東京 着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝25/昼25/夜25:機内食は除く
利用予定航空会社:中国国際航空、イラン航空
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price

2011年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発/東京着
05月28日(土)~06月23日(木) 27日間 788,000円 788,000円
07月30日(土)~08月25日(木) 27日間 788,000円 788,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は2,500円です(1月12日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: お問い合せください。
最少催行人員: 8名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料: 98,000円
特別企画コースのため再利用割引等は一律10,000円とさせていただきます。
各国の査証取得に時間がかかりますので、お早めにお申し込みください。

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: カザフスタン(無料、2次査証)、ウズベキスタン(2,000円)、イラン(5,000円)、代行手数料(4,200円×3ヶ国=12,600円)。トルクメニスタンの査証は入国時に取得します。査証代は流動的なため、入国時に添乗員が集めさせていただきます(14米ドル、2011年1月現在)。写真6枚、旅券の残存有効期間は7ヶ月、査証欄余白は7ページ以上必要です。中国、キルギスは査証不要です。査証取得に時間がかかりますので、お早めにお申し込みください。
気候・服装は: 夏服が基本となります。各国とも暑い時期となりますが、乾燥しているため日本の夏のような不快さはありません。ただし、天山山脈のトルガルト峠の国境は標高が高く気温が低いためしっかりとした上着が必要です。イランではイスラム法により女性はスカーフで頭髪を隠し、体の線を隠すためにコートや上着の着用が義務付けられています。詳しくは担当までお問い合わせください。
利用予定ホテルは: パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
     

ご注意/ Note

日程のご注意: 長期に渡る旅行ですので、予測し得ない事情(突然の国境の封鎖、自然現象等)により日程変更が生じることがあります。その場合、変更補償金の対象外とさせていただきますが、当初の日程に従った旅行サービスがお受けになれるよう努力させていただきます。国境越えの際は手続きに時間がかかることがあります。
宿泊のご注意: 各地で一級又は中級の宿泊施設を利用しますが、設備が不十分な場合があります。キルギスのナリンでは、ベッドや寝具が備わったテント型の宿泊施設ユルタに宿泊することがあります。また、一部の場所では宿泊施設に限りがあるため、御一人部屋をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
観光のご注意: 突然の工事や修復、宗教・政治的行事等の現地事情により、入場観光が制限される場合があります。
イランについて: イランはイスラム教の戒律の大変厳しい国で、外国人旅行者もある程度、その戒律に従わなければなりません。酒類の持ち込み、飲酒は厳しく禁じられています。女性は観光客であっても頭髪を含め肌の露出が禁じられています。