城壁都市バクー、シルヴァン・シャー宮殿、及び乙女の塔・古都ムツヘタ・ゲラティ修道院・アフパト修道院・ゲガルド修道院等を訪れる旅 「民族の十字路 大コーカサス紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > 民族の十字路 大コーカサス紀行

民族の十字路 大コーカサス紀行

コーカサスを陸路で巡る充実の旅、ジョージア軍用道路を走りコーカサスの高みへ。
18日間コースはスヴァネティ地方も訪問。コーカサス山麓に残る独自の文化と雄大な自然を楽しむ。

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 聖地巡礼
  • 伝統料理
  • 大自然
  • アララト山とホルヴィラップ修道院(エレヴァン/アルメニア)
  • ジョージア最大の洞窟都市ヴァルジア
  • アルメニアに残る唯一のヘレニズム建築・ガルニ神殿
  • 「アルメニアの真珠」と呼ばれる美しい高原湖セヴァン
  • ゲガルド修道院の中央聖堂内部(アルメニア)
  • ジョージア正教の総本山・スヴェティツホヴォリ修道院
  • 拝火教の神殿アテシュギャーフ(アゼルバイジャン)
  • 活気溢れるテラヴィの市場(ジョージア)
  • 花咲く上スヴァネティ地方(7月) ※18日間コースのみ
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • 中央アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

城壁都市バクー、シルヴァン・シャー宮殿、及び乙女の塔(アゼルバイジャン)/古都ムツヘタ(ジョージア)/ゲラティ修道院(ジョージア)/アフパト修道院(アルメニア)/ゲガルド修道院(アルメニア)/エチミアジン大聖堂(アルメニア)/ズヴァルトノツの考古遺跡(アルメニア)
上スヴァネティ地方(ジョージア)※18日間コースのみ

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●シルクロードの交差点コーカサス地方へ

多くのキャラバンが行き交い「もう一つのシルクロード」と呼ばれるコーカサス地方。古くから様々な王朝が攻防を繰り返し、複雑な歴史を歩んできた3ヶ国を一度に巡ります。

●見どころの多いジョージアには計7泊滞在

ジョージア軍用道路を北上しカズベキへ。トルコ国境に近いヴァルジアの洞窟都市も訪問。
※特別企画18日間コースはジョージアに計9泊し、上スヴァネティ地方も訪れます。

●ジョージア正教とアルメニア正教それぞれの総本山を訪問

ジョージア正教の総本山・スヴェティツホヴォリ修道院と、アルメニア正教の総本山・エチミアジン大聖堂を見学。独自の様式が発達したコーカサスの建築様式をご覧いただきます。

●大自然を満喫できるのもこのコースならでは

東はカスピ海、西は黒海に挟まれ、雄大なコーカサス山脈やアララト山が聳えます。山々の展望を始め、コーカサス地方に広がる豊かな自然を堪能していただきます。6月は野花の開花シーズンに合わせた設定です。

十字架峠と三位一体教会 ジョージア軍用道路を走る

首都トビリシから、北オセチアのウラジカフカスまでの212kmを繋ぐジョージア軍用道路。18世紀に帝政ロシア軍によって建設されたこの道路は、現在はロシアとの物流に利用されています。ジョージア第二の高峰・カズベキ山(5,074m)を望みながら、最高地点2,395mの十字架峠を越えるとカズベキの町に至り、郊外の丘には三位一体教会が残っています。雪をいただくコーカサスの高峰の麓に建つこの教会は、古来からペルシャやオスマン帝国等の周辺のイスラム勢力の侵略を受けながらも、かたくなにキリスト教の信仰を守ったこの国の歴史を体現するかのようにひっそりとたたずんでいます。
  • 三位一体教会

  • ジョージア第二の高峰・カズベキ山と
    丘の上(左側手前)に建つ三位一体教会

コーカサスの伝統と食を楽しむ

  • 民家風ゲストハウスに宿泊

    ジョージアでは、温かいおもてなしのゲストハウスに宿泊。食事はもちろんお母さんの手作り。長寿食といわれるジョージアの家庭料理をお召し上がりください。

    ゲストハウスでの食事(一例)

  • ワイン発祥の地・ジョージア

    世界最古のワインの産地といわれるジョージアでは、ワイナリーを訪問。ブドウ栽培に適した豊かな土壌が育んだ、1万年の歴史を持つワインをお楽しみください。

    ジョージアのワイナリー

  • 各地の食文化を堪能

    ジョージア風餃子ヒンカリやアルメニアの串焼き肉ホロヴァッツなど、コーカサスの名物料理をご用意。シルクロードに伝わった食文化をお楽しみください。

    串焼き肉ホロヴァッツ

<特別企画>18日間コースでは
ヨーロッパ最後の秘境「上スヴァネティ地方・ウシュグリ村」を訪問

上スヴァネティ地方はコーカサス山脈の高峰群に囲まれたジョージア北西部に位置しています。歴史的に多くの侵略を受けてきましたが、その地理的条件から独自の文化が守られ、この地方のジョージア正教会の聖堂や塔などの建造物は1996年にユネスコ世界遺産に登録されました。ツアーでは伝統建築が多く残るウシュグリ村を中心に、コーカサス山麓に残る独特の建築文化と雄大な自然をお楽しみいただきます。
  • 上スヴァネティ地方の伝統家屋が建ち並ぶウシュグリ村

  • ジョージア最高峰シハラ山を望む

  • 花咲くコーカサス山麓(6月・7月)

日程表/ Schedule 地図を見る

  • 通常の日程
  • 7/9発 特別企画18日間の日程

【 通常の日程表 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京/成田
ドーハ
深夜発
早朝着
空路、カタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
バクー
06:50発
10:30着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、アゼルバイジャンの首都バクーへ。着後、ホテルへ。途中、アテシュギャーフに立ち寄ります。午後、バクーの旧市街及び市内の観光乙女の塔シルヴァン・シャーの宮殿シャマフ門絨毯研究所等)。
バクー泊
3 バクー
シャマフ
シェキ

08:00発


17:00着

専用車にてシェキへ。途中、シルヴァン諸王朝の都だった古都シャマフを訪れ、ディリババ廟カスピ海ヨーグルトの生産現場などを見学。シェキ着後、旧市街を散策シェキ・ハーンの宮殿等)。
シェキ泊
4 シェキ
(国境)
テラヴィ

08:00発


19:00着

専用車にて国境を越え、ジョージア・カヘチア地方の中心地テラヴィへ。途中、歴史あるジョージアワインのワイナリーを訪れます。
テラヴィ泊
5 テラヴィ
ムツヘタ
グダウリ

09:00発


18:00着

朝、テラヴィの市場を見学。専用車にて、世界遺産の古都ムツヘタへ。途中、地下に埋めた甕で蒸留する伝統的なワイナリーを訪問。ムツヘタ着後、ジョージア正教最古のスヴェティツホヴォリ修道院ジュワリ寺院を見学。その後、ロシアへと通じるグルジア軍用道路を北上しグダウリへ。途中、アナヌリ教会を見学。
グダウリ泊
6 グダウリ
(カズベキ)
  終日、コーカサス山脈の大パノラマが広がるカズベキへ日帰り観光。コーカサス山脈の展望を楽しみながら、山上の聖三位一体教会を訪れます。
グダウリ泊
7 グダウリ
ゴリ
バクリアニ

08:00発


18:00着

専用バスにて、スターリン生誕の町ゴリへ。着後、スターリン博物館、郊外の洞窟都市ウプリスツィヘを見学。その後、ミネラルウォーターの産地ボルジョミを経て、美しい山間の町バクリアニへ。
バクリアニ泊
8 バクリアニ
(ヴァルジア)
  終日、トルコ国境近くに位置するジョージア最大の洞窟都市ヴァルジアへ日帰り観光。迷路のように入り組んだ洞窟内に残る教会群を見学します。
バクリアニ泊
9 バクリアニ
クタイシ
08:00発
13:00着
専用車にて、ジョージア第2の都市クタイシへ。着後、プロメセウス鍾乳洞バグラディ大聖堂ゲラティ修道院を見学。
クタイシ泊
10 クタイシ
トリビシ
08:00発
13:00着
専用車にて、ジョージアの首都トリビシへ。着後、市内観光(町を望む丘の上に建つメテヒ教会国立博物館旧市街の散策等)。夕食はジョージア風餃子ヒンカリをご賞味ください。
トビリシ泊
11 (国境)
アフパト修道院
セヴァン湖
エレヴァン
  専用車にて、国境を越えアルメニアの首都エレヴァンへ。途中、世界遺産のアフパト修道院サナヒン修道院を見学。昼食は、アルメニアの串焼き肉ホロヴァッツをご賞味ください。また、コーカサス最大の湖セヴァン湖に立ち寄り、湖畔の散策もお楽しみいただきます。
エレヴァン泊
12 エレヴァン
(ホルヴィラップ修道院)
(エチミアジン大聖堂)
  終日、エレヴァン市内及び近郊の観光(アララト山を背にして建つホルヴィラップ修道院、アルメニア正教の総本山エチミアジン大聖堂、7世紀創建のリプシマ教会、世界遺産に登録されたズヴァルトノツ遺跡、歴史博物館等)。
エレヴァン泊
13 エレヴァン
(ガルニ神殿跡)
(ゲガルド修道院)
  前日に引き続き、エレヴァン市内及び近郊の観光(トルコ国境に位置しヘレニズム建築の壮大なガルニ神殿跡、巨岩を掘って造られたゲガルド修道院等)。ホテルは出発までお使いいただけます。
エレヴァン泊
14 エレヴァン
ドーハ
ドーハ
東京/羽田
03:25発
05:25着
07:00発
22:40着
深夜、空港へ。航空機にてドーハへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼12/夜12:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

【 7/9発 特別企画18日間の日程 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京/成田
ドーハ
深夜発
早朝着
空路、カタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
バクー
06:50発
10:30着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、アゼルバイジャンの首都バクーへ。着後、ホテルへ。途中、アテシュギャーフに立ち寄ります。午後、バクーの旧市街及び市内の観光乙女の塔シルヴァン・シャーの宮殿シャマフ門絨毯研究所等)。
バクー泊
3 バクー
シャマフ
シェキ

08:00発


17:00着

専用車にてシェキへ。途中、シルヴァン諸王朝の都だった古都シャマフを訪れ、ディリババ廟カスピ海ヨーグルトの生産現場などを見学。シェキ着後、旧市街を散策シェキ・ハーンの宮殿等)。
シェキ泊
4 シェキ
(国境)
テラヴィ

08:00発


19:00着

専用車にて国境を越え、ジョージア・カヘチア地方の中心地テラヴィへ。途中、歴史あるジョージアワインのワイナリーを訪れます。
テラヴィ泊
5 テラヴィ
ムツヘタ
グダウリ

09:00発


18:00着

朝、テラヴィの市場を見学。専用車にて、世界遺産の古都ムツヘタへ。途中、地下に埋めた甕で蒸留する伝統的なワイナリーを訪問。ムツヘタ着後、ジョージア正教最古のスヴェティツホヴォリ修道院ジュワリ寺院を見学。その後、ロシアへと通じるグルジア軍用道路を北上しグダウリへ。途中、アナヌリ教会を見学。
グダウリ泊
6 グダウリ
カズベキ
トビリシ

09:00発


18:00着

専用車に分乗し、コーカサス山脈の大パノラマが広がるカズベキへ。コーカサス山脈の展望を楽しみながら、山上の聖三位一体教会を訪れます。 その後、ジョージアの首都トビリシへ。
トビリシ泊
7 トビリシ
(国境)
アフパト修道院
セヴァン湖
ツァフカゾール

08:00発




18:00着

専用車にて、国境を越えアルメニアのツァフカゾールへ。途中、世界遺産のアフパト修道院サナヒン修道院を見学。昼食は、アルメニアの串焼き肉ホロヴァッツをご賞味ください。また、コーカサス最大の湖セヴァン湖に立ち寄り、湖畔の散策もお楽しみいただきます。
ツァフカゾール泊
8 ツァフカゾール
エレヴァン
(ホルヴィラップ修道院)
  専用車にて、かつてペルシャとアナトリアを結んだ古代のシルクロードを走り、アルメニアの首都エレヴァンへ。途中、ノラドゥーズにて、アルメニア正教ゆかりの石碑・ハチカルを見学。セリム峠では、かつてのキャラバンサライ、アレニ村では、アルメニアの至宝と称えられるノラヴァンク修道院に立ち寄ります。また、アララト山を背にして建つホルヴィラップ修道院も見学します。
エレヴァン泊
9 エレヴァン
(エチミアジン大聖堂)
(リプシマ教会)
(ガルニ神殿跡)
(ゲガルド修道院)
  終日、エレヴァン及び郊外の観光(アルメニア正教の総本山エチミアジン大聖堂、世界遺産に登録されたズヴァルトノツ遺跡、7世紀創建のリプシマ教会歴史博物館、トルコ国境に位置しヘレニズム建築の壮大なガルニ神殿跡、巨岩を掘って造られたゲガルド修道院等)。昼食はアルメニアの主食ラワシュをご賞味ください。夜はアルメニアの伝統音楽を聞きながらの夕食をお楽しみください。
※ホテルは深夜の出発までご利用いただけます。
エレヴァン泊
10 エレヴァン
ギュムリ
08:00発
18:00着
朝、アルメニア文字で記された古文書を展示するマテナダランを見学。専用バスにて、アラガツ山麓を北上し、ギュムリへ。途中、アルメニア正教の教会群を見学。美しい花々の景色もお楽しみください。夕食は清流で育ったマス料理をお楽しみください。
ギュムリ泊
11 ギュムリ
(国境)
バクリアニ

08:00発


18:00着

国境を越え、再びジョージアに入りバクリアニへ。途中、ジョージア最大の洞窟都市ヴァルジアを訪問します。
バクリアニ泊
12 アハルツィヘ
クタイシ
08:00発
13:00着
専用車にて、ジョージア第2の都市クタイシへ。着後、バグラディ大聖堂ゲラティ修道院を見学。
クタイシ泊
13 クタイシ
メスティア
08:00発
15:00着
専用車にてコーカサス山中の自然の中に独自の文化が残る世界遺産の上スヴァネティ地方へ。着後、上スヴァネティ地方の中心メスティアと周辺の村を散策。外敵に備えて造られた独特の建築様式をご覧ください。
メスティア泊
14 メスティア
ウシュグリ村
08:00発
11:00着
専用車分乗にてヨーロッパで一番標高の高い常住村とされるウシュグリ村へ。着後、タマラ王女の塔へのハイキング。塔の連なる村の景色と、ジョージア最高峰シハラ山の展望をお楽しみください。
ウシュグリ村泊
15 ウシュグリ村
メスティア
14:00発
17:00着
朝、シハラ山を望み、雄大な山々を見ながらウシュグリ村の散策。その後、専用車分乗にてメスティアへ。
メスティア泊
16 メスティア
クタイシ
トビリシ

07:00発


18:00着

専用車にてクタイシを経て、首都トビリシへと戻ります。

トビリシ泊
17 トビリシ 20:05発 出発までトリビシ市内観光(町を望む丘の上に建つメテヒ教会国立博物館旧市街の散策等)。夜の航空機にて、バクー経由にてドーハへ。
機中泊
18 ドーハ
ドーハ
東京/成田
00:10着
02:35発
18:40着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝15/昼16/夜15:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
06月06日(水) ~ 06月19日(火)
野花の咲く季節
14日間 438,000円
07月09日(月) ~ 07月26日(木)
18日間特別コース・高山植物の花咲く季節
18日間 498,000円
08月08日(水) ~ 08月21日(火) 14日間 498,000円
09月05日(水) ~ 09月18日(火) 14日間 448,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 :8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 [14日間コース]58,000円  [18日間コース]68,000円
日本の国内線割引:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) アゼルバイジャン(無料)、代行手数料(4,320円)。写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は2ページ以上必要です。ジョージア、アルメニアは査証不要です。
気候・服装 コーカサス地方のベストシーズンです。6月は合服、7月から9月は夏服が基本となりますが、朝晩や曇天の日は気温が下がりますので、上着もご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について

一部のホテルはバスタブがなくシャワーのみとなることがあります。ジョージアのテラヴィ、クタイシ、ウシュグリ村では民家風ゲストハウスにお泊まりいただきます。温かいもてなしと地方色豊かな雰囲気は民家ならではのものです。設備は簡素でシャワー・トイレは共同となります。部屋数に限りがありますので、分宿になったり、御一人部屋をお取りできないことがあります。また、メスティアでも民家風ゲストハウス泊となる場合があります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。

観光について このコースで訪れる教会や修道院は、神父が外出している場合等、中に入れないことがあります。
その他のご注意 6月・7月は野花の咲く季節ですが、花の開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行