城壁都市バクー、シルヴァン・シャー宮殿、及び乙女の塔(アゼルバイジャン)・ゴブスタンの岩絵(アゼルバイジャン)等を訪れる旅 「コーカサス3ヶ国周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > コーカサス3ヶ国周遊

コーカサス3ヶ国周遊

ペルシャとアナトリアを結んだかつてのシルクロードを行く

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 聖地巡礼
  • 伝統料理
  • 大自然
  • ヴァヨツ・ゾル地方の赤土の岩場に建つアルメニアの至宝・ノラヴァンク修道院
  • アララット山とホルヴィラップ修道院(アルメニア)
  • 世界遺産ズバルトノツ遺跡とアララット山(アルメニア)
  • シェキ・ハーンの宮殿(アゼルバイジャン)
  • アルメニアに残る唯一のヘレニズム建築・ガルニ神殿
  • 巨岩を掘って造られたゲガルト修道院(アルメニア)
  • 世界遺産の古都ムツヘタ(グルジア)
  • 城壁都市バクーの街並み(アゼルバイジャン)
  • ドライフルーツを売る露店(アゼルバイジャン)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • 中央アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

城壁都市バクー、シルヴァン・シャー宮殿、及び乙女の塔(アゼルバイジャン)/ゴブスタンの岩絵(アゼルバイジャン)/古都ムツヘタ(ジョージア)/アフパト修道院(アルメニア)/ゲガルド修道院(アルメニア)/エチミアジン大聖堂(アルメニア)/ズバルトノツの考古遺跡(アルメニア)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●10日間の日程で6つの世界遺産を訪問 コーカサスの雄大な自然も楽しむ

広大な自然に流れる民族往来の歴史を、コンパクトな日程で訪ねます。複雑な歴史を歩んできた3ヶ国の見どころを凝縮。
美しい高原の湖セヴァン湖やコーカサス山麓に広がる大自然もお楽しみいただきます。

●ジョージア正教とアルメニア正教のそれぞれの総本山を訪問

建国以来、キリスト教を国教としている2つの国の総本山を訪問。
独自に発達した建築様式と、民族興亡の歴史の中で守られた信仰を垣間見ます。

●旅の終盤、見どころの多いアルメニアで充実の観光

アルメニアでは、ペルシャとアナトリアを結んだ古代のシルクロードを走りエレヴァンへ向かいます。途中、アルメニアの至宝と呼ばれるノラヴァンク修道院も見学。エレヴァンではエチミアジン大聖堂をはじめとする教会、修道院など、ゆっくりと周辺の見どころを見学します。

コーカサス3ヶ国の魅力

  • アゼルバイジャン

    コーカサスの3ヶ国の中で唯一のイスラム教国。もともとはペルシャ系の民族の暮らす地であったために彼らが信奉したゾロアスター教寺院も多く建てられました。11世紀以降、トルコ系民族の流入に伴いイスラム化が進み、現在のアゼルバイジャンの基礎ができあがりました。

    拝火教の神殿アテシュギャーフ

  • ジョージア(旧名:グルジア)

    コーカサス山脈の麓に位置し、西は黒海に面します。歴史は古く、ギリシャ神話の「アルゴナウタイ伝説」の舞台でもあります。その地理的背景から古来より、ペルシャ、モンゴル、ティムール等、数多くの異教徒の流入・侵略を受けましたが、今でもジョージア正教を国教としています。

    古都ムツヘタに残るジュワリ寺院

  • アルメニア

    世界で最も早くキリスト教を国教としたのがアルメニアです。ジョージアと同様、10世紀には、異教徒である他民族の流入により、民族全体がディアスポラとして祖国を後にし、世界各地に離散しました。首都のエレヴァンからはノアの方舟が辿り着いたアララット山を望むことができます。

    アルメニア正教の総本山
    エチミアジン大聖堂

ワイン発祥の地 ジョージア

ジョージアは紀元前8,000年にまで遡る歴史を持つ「ワイン発祥の地」とされ、豊かな土壌と温暖な気候により産み出されたこの地のワインはシルクロードを通り中国やエジプトまで伝わったと言われています。葡萄をまるごと「クヴェヴリ」と呼ばれる素焼きのカメの中で発酵させる伝統的なワインの製法は、2013年にユネスコの無形文化遺産にも指定され、現在再び世界の注目を集めています。ツアーでは、世界最古のワインの産地で今なお伝統的な製法でワインを産出している農家を訪れるほか、世界的にも品質を認められ各国に輸出を行っているワイナリーを訪問します。葡萄本来の香りが非常に高いとされるこの地のワインをお試しください。
  • 素焼きのカメ「クヴェヴリ」

  • ワイナリーでの試飲(一例)

各国の風土に根ざした 食文化を楽しむ

古来より様々な民族が往来したこの地には、独特の食文化が残っています。キリスト教国のため豚肉を食べるアルメニアでは、イスラム圏で食されるシシケバブにあたる串焼きの素材は豚肉となり、ホロヴァッツと呼ばれています。またジョージアでは、中央アジアからトルコを経由してマンティ(餃子)の文化が伝わり、ヒンカリという餃子が食されています。ヨーロッパに近くなるため、肉の他に玉葱やコリアンダーといった具材が使われています。また東方の影響で香辛料を使った料理もみられます。コーカサスに残るその土地ならではの伝統料理も楽しみのひとつです。

屋外で楽しむ食事とワイン

  • チョウザメ料理(アルメニア)

  • ヒンカリ(ジョージア)

  • サフランを使ったプロフ(アゼルバイジャン)

  • ホロヴァッツ(アルメニア)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京/成田 深夜発 空路、東京よりカタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
バクー
早朝着
06:40発
10:25着
着後、航空機を乗り換えてアゼルバイジャンの首都バクーへ。着後、18世紀に築かれた拝火教寺院アテシュギャーフを見学。夕方、世界最大の湖・カスピ海のクルーズをお楽しみください。
バクー泊
3 バクー   終日、世界遺産に登録されているバクーの旧市街及び、郊外の観光乙女の塔シルヴァン・シャーの宮殿シャマフ門絨毯研究所ゴブスタンの岩絵)等。
バクー泊
4 バクー
シャマフ
シェキ

08:00発


17:00着

専用車にてシェキへ。途中、シルヴァン諸王朝の都だった古都シャマフを訪れ、ディリババ廟カスピ海ヨーグルトの生産現場などを見学。シェキ着後、かつての宮殿や城塞が残るシェキの旧市街を散策シェキ・ハーンの宮殿等)。
シェキ泊
5 シェキ
(国境)
テラヴィ

08:00発


19:00着

専用車にて国境を越え、ジョージア・カヘチア地方の中心地テラヴィへ。
テラヴィ:民家風ゲストハウス泊
6 テラヴィ
ムツヘタ
トビリシ

09:00発


18:00着

朝、テラヴィの市場を見学。専用車にて、世界遺産の古都ムツヘタへ。途中、300年の歴史あるジョージアワインのワイナリーを訪問。ムツヘタ着後、ジョージア正教最古のスヴェティツホヴォリ修道院ジュワリ寺院を見学。その後、ジョージアの首都トビリシへ。夕食はジョージア風餃子ヒンカリをご賞味ください。
トビリシ泊
7 トビリシ
(国境)
アフパト修道院
セヴァン湖
ツァフカゾール

08:00発




18:00着

専用車にて、国境を越えアルメニアのツァフカゾールへ。途中、世界遺産のアフパト修道院サナヒン修道院を見学します。昼食は、アルメニアの串焼肉ホロヴァッツをご賞味ください。また、コーカサス最大のセヴァン湖に立ち寄り、湖畔の散策もお楽しみいただきます。
ツァフカゾール泊
8 ツァフカゾール
エレヴァン
(ホルヴィラップ修道院)
  専用車にて、かつてペルシャとアナトリアを結んだ古代のシルクロードを走り、アルメニアの首都エレヴァンへ。途中、ノラドゥーズにて、アルメニア正教ゆかりの石碑・ハチカルを見学。セリム峠では、かつてのキャラバンサライ、アレニ村では、アルメニアの至宝と称えられるノラヴァンク修道院に立ち寄ります。また、アララット山を背にして建つホルヴィラップ修道院も見学します。
エレヴァン泊
9 エレヴァン
(エチミアジン大聖堂)
(リプシマ教会)
(ガルニ神殿跡)
(ゲガルド修道院)
  午前中、アルメニア正教の総本山エチミアジン大聖堂、7世紀創建のリプシマ教会、世界遺産に登録されたズバルトノツ遺跡を見学します。昼食はアルメニアの主食ラワシュをご賞味ください。午後、エレヴァン及び郊外の観光歴史博物館、トルコ国境に位置するヘレニズム建築の壮大なガルニ神殿跡、巨岩を掘って造られたゲガルド修道院等)。夜はアルメニアの伝統音楽を聞きながらの夕食をお楽しみください。
※ホテルは深夜の出発までご利用いただけます。
エレヴァン仮泊/機中泊
10 エレヴァン
ドーハ
ドーハ
東京/羽田
03:25発
05:30着
07:05発
22:45着
深夜、空港へ。航空機にてドーハへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
04月27日(木) ~ 05月06日(土)
ゴールデンウィークコース
10日間 458,000円
08月10日(木) ~ 08月19日(土)
1万円値下げ
10日間 438,000円
08月17日(木) ~ 08月26日(土)
1万円値下げ
10日間 378,000円
09月14日(木) ~ 09月23日(土)
1万円値下げ
10日間 388,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 58,000円
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の国内線割引:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) アゼルバイジャン(無料)、代行手数料(4,320円)。アルメニアは現地で取得し、査証代実費は現地で添乗員が集めさせていただきます(約10米ドル、代行手数料2,160円)。写真3枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は2ページ以上必要です。ジョージアは査証不要です。
気候・服装 4月は合服で過ごせますが、朝晩や天気の悪い日は気温が下がりますので、上着もご用意ください。8月・9月は夏服が基本となりますが、朝晩は気温が下がりますので、上着もご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 一部のホテルはバスタブがなくシャワーのみとなることがあります。ジョージアのテラヴィでは民家風ゲストハウスにお泊まりいただきます。温かいもてなしと地方色豊かな雰囲気は民家ならではのものです。設備は簡素でシャワー・トイレは共同となります。部屋数に限りがありますので、分宿になったり、御一人部屋をお取りできないことがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
観光について このコースで訪れる教会や修道院は、神父が外出している場合等、中に入れないことがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行