秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

サハラと遺跡のリビア

アカクス山中の原始岩壁画と地中海沿岸に残るローマ遺跡

砂漠のテント3泊でサハラの魅力を存分に堪能。リビアを代表する2つの遺跡は時間をかけてゆっくり訪問。サハラ砂漠とローマ遺跡、リビアの2つの魅力に迫る。
大サハラでキャンプ(ワンカサ砂丘)
大サハラでキャンプ(ワンカサ砂丘)
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
個人旅行・フリープラン
企画者の声
添乗員レポート
WEB写真集
 
8名様から催行15名様限定
人数限定コースですので、お早めにお申し込みください。
四輪駆動車1台につきお客様3人乗りまで。
長距離のドライブもできるだけ快適さを確保しております。

みどころ/ Point

イメージ通りのサハラを満喫
ワンカサ、ムルズクの2つの大砂丘でのキャンプ体験、ウバリの広大な砂漠に眠る湖、誰もいないサハラを照らす夕日と満天の星空…。憧れのサハラをたっぷりとご堪能いただけるコースです。
歩くことなく太古の岩絵を見学
サハラ奥地でキャンプをしながら、何十キロにもわたる大自然のギャラリーを巡ります。太古の人々の生活が伝わる岩壁画のすぐ目の前まで車を乗り入れるので、ほとんど歩かずに見学することができます。
首都トリポリに3連泊
旅の後半に連泊を設けたゆったり日程です。首都トリポリを起点に、セウェルス帝ゆかりのレプティス・マグナや巨大な円形劇場で知られるサブラタを訪問し、時間をかけてゆっくり見学。リビアのローマ遺跡は保存状態に優れ、強大なローマ帝国の繁栄を偲ぶことができます。
サブラタ遺跡の円形劇場
サブラタ遺跡の円形劇場
ウバリ砂漠のガブラウン湖
ウバリ砂漠のガブラウン湖
太古の様子を伝えるアカクスの岩壁画
太古の様子を伝えるアカクスの岩壁画
間近に岩絵を見学
間近に岩絵を見学
アカクス山中の奇岩
アカクス山中の奇岩
四輪駆動車でサハラを疾走
四輪駆動車でサハラを疾走
アカクス山中の岩壁画
サブラタの古代遺跡
レプティス・マグナの古代遺跡
コース地図
▲クリックすると拡大します

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京
(大阪)
空路、東京より大阪経由でカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行いたします。
機中泊
2 ドーハ
トリポリ
セブハー
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、リビアの首都トリポリへ。着後、航空機を乗り換えて、南部フェザーン地方の中心地セブハーへ。
セブハー泊
3 セブハー
ジェルマ
アウィナート
四輪駆動車に分乗しジェルマへ。着後、古代ガラマンテス人の都跡などを観光。その後、西へと走り、アカクス山中の入口アウィナートへ。
アウィナート:ロッジ泊
4 アウィナート
アカクス山中
四輪駆動車にてアカクス山中に入ります。周囲に奇岩群が連なる中を走り、親指の形をした岩や紀元前7000年~紀元前4000年前に遡る岩壁画を見学します。
キャンプ泊
5 アカクス山中
ワンカサ砂丘
アカクス山中の岩壁画を見学します。周囲に広がるサハラ砂漠が、かつてはサバンナだったことを示す、狩猟や放牧の様子を描いた数多くの岩壁画の見学をお楽しみください。その後、広大な砂漠を走りワンカサ砂丘へ。
キャンプ泊
6 ワンカサ砂丘
ムルズク砂丘
岩の砂漠・砂の砂漠を走りながら、アカクス山脈を後にして北上し、ムルズク砂丘へ。砂丘、岩山、ワディなど様々なサハラ砂漠の表情をお楽しみください。
キャンプ泊
7 ムルズク砂丘
ワディ・マタンドゥーシュ
ジェルマ
四輪駆動車にてジェルマへ戻ります。途中、ワディ・マタンドゥーシュ周辺の岩山に残る岩刻画を見学します。
ジェルマ:ロッジ泊
8 ジェルマ
ウバリ砂漠
セブハー
トリポリ
四輪駆動車にて広大なウバリ砂漠へ。砂漠の中に点在する湖ガブラウンマンダラ等)に立ち寄りながら、大砂丘の広がる砂漠サファリをお楽しみください。その後、セブハーに戻ります。着後、航空機にてトリポリへ。
トリポリ泊
9 トリポリ
(サブラタ遺跡)
フェニキアとローマ時代の遺跡サブラタを日帰り観光。北アフリカ最大規模といわれる円形劇場を見学します。その後、トリポリへ戻り、メディナ旧市街アウレリウス門等)を見学。
トリポリ泊
10 トリポリ
(レプティス・マグナ遺跡)
終日、リビアに残る最大のローマ遺跡レプティス・マグナを日帰り観光。4平方キロメートルもの広大な敷地に残る遺跡(セウェルス帝の凱旋門フォーラム円形劇場等)や博物館をゆっくりと時間をかけて見学します。
トリポリ泊
11 トリポリ
ドーハ
出発まで人民考古学博物館を見学します。その後、航空機にてドーハへ。
機中泊
12 ドーハ
(大阪)
東京
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、大阪経由で帰国の途につきます。着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
利用予定航空会社:カタール航空、エミレーツ航空
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら
上記はカタール航空利用の日程です。エミレーツ航空利用の場合、往路は東京・大阪からそれぞれ出発しドバイで合流、復路はドバイより東京・大阪にそれぞれ分かれて帰国します。
Dコースは、日本/ドーハ又はドバイ間の往復にアジア内都市での乗り換え便を利用することがあります。その場合、観光内容は変わりませんが、東京・大阪の発着時刻が変わります。

出発日と料金/ Price

2010年~2011年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発着
10月14日(木)~10月25日(月) 12日間 298,000円 298,000円
11月11日(木)~11月22日(月) 12日間 298,000円 298,000円
12月02日(木)~12月13日(月) 12日間 298,000円 298,000円
12月23日(木)~01月03日(月) 12日間 428,000円 428,000円
01月20日(木)~01月31日(月) 12日間 298,000円 298,000円
03月03日(木)~03月14日(月)
地中海沿岸・花の季節
12日間 308,000円 308,000円
03月17日(木)~03月28日(月)
地中海沿岸・花の季節
12日間 308,000円 308,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は18,000円です(6月9日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: カタール航空利用の場合、福岡/大阪間は片道11,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
最少催行人員: 8名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料: 38,000円(キャンプ泊含む)
特別価格コースのため再利用割引等はありません。

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: リビア(7,000円)、代行手数料(4,200円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。査証取得に時間がかかりますので、お早めにお申し込みください。
イスラエルへの入国を示すスタンプが現在のパスポートにある場合は、臨時旅券の取得などが必要となります。詳しくは担当までお問い合わせください。
気候・服装は: 10月・11月・3月は長袖シャツ程度で過ごせます。12月・1月は冬服が基本となります。いずれの季節も砂漠地帯は気温差が大きいので、ジャンパーなどの防寒具をお持ちください。
利用予定ホテルは: 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
     

ご注意/ Note

リビア国内では飲酒は一切禁止されています。アルコールは持ち込めませんのでご了承ください。
スーツケースでご参加いただけますが、四輪駆動車には荷物を置くスペースに限りがありますので、ザックや布製のかばんをご用意ください。スーツケースはセブハーに預けていただきます。
ロッジやキャンプ泊では寝袋(三季用又は冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
アウィナートでは宿泊施設が限られるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
リビアのほとんどのホテルは政府が所有しているため、急な会議等で突然当日に宿泊予定のホテルが変更になったり、部屋数が不足することがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきます。
3月は地中海沿岸の花のシーズンですが、開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。