チベット旅行・ツアーの老舗 西遊旅行が初めてのチベットの旅をお手伝い「チベットの旅入門」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 特集 > チベットの旅入門

チベットの旅入門

チベットの旅入門

チベットの旅入門

  • 行き方について
  • 宿泊について
  • 食について
  • 見どころ
  • 西遊旅行で行くチベット
  • よくある質問
  • チベットツアー一覧

チベットの行き方

チベット自治区ラサへ行くには・・・まずは、旅行会社を通してホテルやガイドを手配し、入蔵証(入域許可書)を取得する必要があります。
入域許可書はラサへと向かう列車の中や空港での搭乗手続き時に必ず提示を求められるビザのようなもの。忘れずに現地でお受取ください。

ラサへは1.空路、2.列車、3.車をチャーターして陸路で入ることができます。列車と航空機を利用するのが一般的です。

【空路での行き方】

北京、上海、広州、成都などの主要都市からラサへの便が運航しています。ほとんどの便が四川省成都を経由し、成都からラサまでは飛行時間約2時間10分です。空路ラサに入る場合、無理のない余裕を持った日程を組んで高度順応に努めてください。 青蔵鉄道特集

【列車での行き方】

2006年にラサまでの列車が開通しました。北京、上海、広州、重慶、成都、蘭州から発着しています。いずれの便も西寧を通り、西寧以降ラサまでは同じルートを通ります。列車内には酸素が供給され、徐々に標高を上げていくため高度順応に最適なルートです。詳しくは「青蔵鉄道特集」をご覧ください。

【車での行き方】

四川省からの川蔵公路、雲南省からラサまでの蔵公路、青海省からの青蔵公路、新疆ウイグル自治区からの新蔵公路、そしてネパールから中ネ公路でラサに入ることができます。いずれのルートも高度が高く、未開放地区を通過するため事前に十分な計画と準備が必要です。

チベットの宿泊事情

訪れる場所によって宿泊事情は異なります。ラサなどの大きな町では、設備の整った大きなホテルがあります。
西チベットやチョモランマBCなど、一部の地域では中級またはゲストハウスに滞在します。

【 高級ホテル 】

ラサやシガツェなどの大きな町には、立派なホテルが数多くあります。外資系ホテルチェーンとの合弁ホテル、チベット風建築のホテルなど、それぞれ特徴を競っています。お好みに合わせてお選び下さい。医者がホテルに常駐し、部屋には酸素が設置されている高山病対策が万全のところもあります。

【 中級ホテル 】

大きな町にはたくさんあり、交通の要衝となる中規模の町では高級なホテルにあたります。ホテルによって設備は異なり、お湯の出る時間も決められている場合があるなど、高級ホテルに比べて不便なところもありますが、快適に過ごすことができます。

【 ゲストハウス 】

中級ホテルのドミトリー(4人以上の大部屋)、小さな町の唯一のホテル、荒野にぽつんと建つ招待所、これらがゲストハウスにあたります。シャワーやトイレは共同、お湯は時間制、さらにはシャワーはなくトイレは外の小屋なんてこともしばしばです。たいていの安宿には食堂が併設されていますので、食事の心配はありません。毛布やシーツ等の寝具が不足していることがありますので、念のため寝袋を持っていくことをおすすめします。

チベットの食事情

添乗員同行ツアーでの食事は、日本人の口に合うような中華料理などが中心となりますが、
本場チベットの料理や飲み物も体験していただく事が可能です。

Tibetan food.01
バター茶
野菜の少ないチベットでは、バター茶は欠かすことのできないなビタミン源です。大きな筒に茶・塩・バターを入れ、棒を上下に動かしてかき混ぜ、鍋で煮ると出来上がり。最初のうちは、独特の匂いと味で飲みにくいかもしれません。
 
Tibetan food.02
ギャコック
チベットの宮廷料理で、貴族たちが祝い事のときに食べたというチベット鍋です。鶏肉、ミートボール、チーズ、各種野菜などいろいろなものが入った寄せ鍋。ラサなどのレストランで食べることができます。
Tibetan food.03
モモ
チベット風の蒸し餃子。具材は野菜やマトン、羊の肉などが代表的です。日本の餃子と同じ形のものや、焼売のような形のものもあります。また、水餃子もあります。
 
Tibetan food.04
トゥクパ
チベット風のうどん。ヤクや羊の肉が入ってます。日本人の口にもよくあう料理です。
Tibetan food.05
チャン
チベット風の大麦ビール。どぶろくに似ています。あまりアルコール度数は高くなく、酸味があり癖になる味です。
 
Tibetan food.06
ヤクの肉、羊の肉
塩茹でにして、ナイフで切り分けながら、ツァンパと一緒に食べるのがチベット式。 ※ツァンパ…チベット人の主食。チンコー麦(裸麦)を炒って、挽いて粉にしたもの。いわゆる麦こがしです。

代表的な見どころ

乾燥した茶褐色の大地、雪を頂く高峰群、「天空の世界」チベットには数々の見どころがあります。
独自の文化を守り続けるチベットの代表的な見どころをご紹介します。さらに詳しいチベットの見どころはこちら。

ノルブリンカ宮殿
歴代ダライ・ラマの夏の離宮。 ダライ・ラマ7世の時に建てられて以来、歴代のダライ・ラマがここで夏を過ごしました。
ノルブリンカ最大の宮殿はダライ・ラマ14世が建てたタクテン・ミギュル・ポダンです。1959年3月17日に14世はここからインドへと亡命しました。中に展示されている時計は、ダライ・ラマが宮殿を出た当時の時間をさしたまま止まっています。
現在、広大な敷地は人々の憩いの場となっています。ノルブリンカ宮殿は2001年に「ラサのポタラ宮歴史地区」として世界遺産に追加登録されました。
ポタラ宮
チベットの人々から「ツェ・ポタラ(最高の王宮)」と崇められてるポタラ宮。「ポタラ」とは「補陀落」を意味し、観音菩薩の住まう場所、つまり観音浄土を表しています。 7世紀にソンツェンガンポ王がマルポ・リ(紅丘)に宮殿を造ったとの伝説から、ダライ・ラマ政権を確立し、チベットにおける聖俗の最高権威者となったダライ・ラマ5世が、ここにポタラ宮の建設を始めたのは今から350年前。建築には50年の歳月を要し、完成したのは1695年のことです。後にダライ・ラマ14世がインドへ亡命するまでの約250年の間、チベットの政治・宗教の中枢として機能してきました。 1994年には世界遺産に登録されたチベットの象徴です。
ヤムドゥク湖
ラサからおよそ120km、2時間ほどで到着します。チベット仏教3大聖湖のひとつ。標高4,250mに位置し、紺碧の湖水が荒涼とした大地に美しく映えます。大正元年に入蔵した日本人僧侶・青木文教が、湖の美しさを「磨きたての瑠璃板のようであった」と評したほどです。また、かつてダライ・ラマの後継者の選定は、この湖畔でも占われていたといわれています。
セラ寺
デプン寺、ガンデン寺、タシルンポ寺と並び、ゲルク派4大寺院のひとつに数えられます。 問答修行で知られており、旅行者も見学することができます。1419年ツォンカパの没年に完成し、明代の永楽帝の時代により奉じられた経典や仏像は今もセラ寺の宝物となっています。また、日本人とも縁が深く、河口慧海や多田等観が修行したことで知られています。
チョモランマB.C.
チョモランマ(エベレスト)キャンプからは、間近にせまるチョモランマの大パノラマをご覧いただくことができます。高所のため、長時間の滞在は禁物です。 たっぷりと展望を楽しみたい、写真撮影に十分な時間がほしい方は、拠点のロンボクに宿泊するのがおすすめです。今では立派な展望ロッジが建っていますので、ここに滞在しながら寒さに凍えることなく、夕日に染まるチョモランマを存分に眺めることができます。
カイラス山
標高4,000mを越えるチャンタン高原にぽっかりと顔を出すカイラス山(6,656m)。チベット語で「尊い雪山」 カン・リンポチェと呼ばれています。 チベット仏教徒、ヒンドゥー教徒、ボン教徒に崇められる一大聖地で、平均4,500mを超える巡礼路に巡礼者が絶えることはありません。崑崙山脈と「世界の屋根」ヒマラヤ山脈に挟まれた西チベットに位置する世界有数の秘境です。

西遊旅行で行くチベットの旅

チベット旅行の老舗 西遊旅行で行くチベットの旅はここが違います。
初めて行くチベットの旅を最大限に豊かにするために、ぜひ西遊旅行のチベットの旅をご利用ください。

【 バリエーション豊かなツアー 】

初めてのチベットの方向けの青蔵鉄道へ乗車してラサに連泊するスタンダードプランから世界最高峰チョモランマ・ベースキャンプ訪問、秘境・西チベット、カイラス山巡礼やグゲ遺跡へのツアーまで、豊富なバリエーションのツアーを設定しています。

【 高山病対策 】

登山・トレッキングコースも手がける西遊旅行では、高度順応を一番に考えたプラン作りをしております。 添乗員同行コースでは、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度の携帯用測定装置)を持参し、お客様の体調管理に努めます。添乗員が同行しない個人でのご旅行の場合、ご希望の方には、有料にてパルスオキシメーターを貸し出ししています。 万が一、高山病にかかってしまっ場合にも、経験豊富な現地手配会社と協力し、皆様のお手伝いをいたします。

【 こだわりの見どころ見学 】

一般的な観光地だけではなく、知られざる寺院やお祭見学の手配もお任せください。チベットの民族、雄大な景観を存分にお楽しみいただけるよう行程を作成します。

【 変化に富んだ食事手配 】

日本人の口にあう様に朝はパン・おかゆやビュッフェスタイルのお食事をご用意。昼・夜は中華料理を中心に、モモやツゥクパなど本格的なチベット料理、ネパール料理など、変化に富んだ食事手配が可能です

【 チベット旅行の老舗 西遊旅行】

西遊旅行は1973年の創業当初から、チベット旅行のパイオニアとして実績を積んできました。これまでの経験で蓄えた情報を元に、旅のご出発前から専門のスタッフがどんなご相談にもお応えします。

【 個人旅行もアレンジ自由自在 】

添乗員同行ツアー以外にも、2名様以上の旅の手配を承ります。チベットに精通したスタッフがご希望に合わせたツアーをご提案します。こちらに各種モデルプランもご用意しておりますので、ご参考にしてください。

チベットの旅 よくある質問

世界の屋根チベットの旅に関するよくあるご質問にお答えします。

Qチベットの旅は何名から手配可能ですか?必ずガイドを付けないといけないのでしょうか?航空券だけ手配したいのですが。

チベット自治区へ行くには入蔵証(入域許可書)が必要です。そして入蔵証を取得するためには、 現地ホテル+送迎車+ガイドなどを、政府に認可された旅行会社を通して手配し、 日程やお客様のお名前などを申請しなければいけません。 航空券だけでは旅行ができない地域です。 また入蔵証は現地情勢により、一時的に発給が停止されたり、入境が制限される可能性があります。最新の情報は担当までお問い合わせください。
 

Q服装や持ち物で気をつけた方がいいことはありますか?

チベットは標高3,000m以上の高地です。朝晩の寒暖の差が大きいのが特徴です。夏であっても上着をお持ちいただき、寒暖に応じて重ね着が出来るようにして下さい。また大変乾燥していますのでリップクリーム、日焼け止め等も必ずお持ち下さい。

Qチベットの食事はどういったものが食べられるのでしょうか?

日本人の口にあう様に朝はパン・おかゆやビュッフェスタイルのお食事をご用意し、昼・夜は炒め物が中心の中華料理が中心となります。別途、モモやトゥクパなどのチベット料理の手配も可能です。
 

Qホテルのお部屋や水周りが不安なのですが、清潔なホテルはありますか?

ラサでは高級ホテルからゲストハウスまでお選びいただけ、宿の心配は必要ありません。西チベットの奥地などを訪れるツアーの場合は、簡素なゲストハウスしかない場所もありますので、担当までお問合せください。

Qお金はどのくらい持って行けばいいですか? 日本円でいいのでしょうか?

基本的に全てツアー料金に含まれいますので、お飲物代(1日500円程度)があれば十分です。おみやげを買いたい場合は適宜お持ちください。両替事情ですが、日本円も空港や都市部のホテルにて中国元へ変えることができます。
 

Qいつまでに申し込めば間に合いますか?

入蔵証の取得には、最低2週間ほどのお時間をいただいております。 また、フライトの空席は出発日が迫るほど少なくなってまいりますので、ご希望のお日にちでお席を確保する為にも、出発の1ヶ月前を目安にお申込みをお願いいたします。

Q高山病が心配です

登山・トレッキングコースも手がける西遊旅行では、高度順応を一番に考えたプラン作りをしております。 添乗員同行コースでは、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度の携帯用測定装置)を持参し、お客様の体調管理に努めます。添乗員が同行しない個人でのご旅行の場合、ご希望の方には、有料にてパルスオキシメーターを貸し出ししています。
 

Qチベットの旅の季節について教えてください

基本的に1年を通じて旅行することができます。 雨季は6月~9月、乾季は10月~5月が目安です。雨季とはいっても雨が1日中降り続くことはなく、通り雨が降っては止んで曇りが続き、時折晴れ間が訪れます。いずれの季節も1日のうちで寒暖の差が大きく、夏でも曇天の日は冷え込みますので、ジャンパー等の防寒具は欠かせません。 ベストシーズンは目的によって異なり、ヒマラヤの展望を望むなら短い春や秋、高山植物の花々の観察やお祭りの見学ならば夏、チベットらしさを味わうならば巡礼シーズンの冬がおすすめです。西チベットは標高5,000m以上の高所で、冬の間は降雪や凍結により峠が閉ざされ、冷え込みが大変厳しいため、旅行をするなら春から秋がおすすめです。

西遊チベットツアー 一覧

添乗員同行ツアーから個人旅行・フリープランまで、西遊旅行のチベットツアー一覧です。

添乗員同行 チベットツアー

青蔵鉄道で行くチベットの旅(~10月)

西遊旅行のチベットの旅ベストセラー。高原列車で崑崙山脈を越える。西寧からラサまで青蔵鉄道に乗車。 聖なる都ラサに3連泊とツェタンの滞在、タール寺やサムエ寺も訪問。
日数8日間 料金348,000~398,000円
 

青蔵鉄道で行く
チョモランマB.C.とチベットヒマラヤの旅

西寧からオールドティンリーへ、世界の屋根を貫く中ネ公路を走破。青蔵鉄道は西寧から乗車し、「神の土地」ラサへ。さらにチョモランマB.C.を訪れ、ヒマラヤの絶景を堪能します。
日数11日間 料金398,000~428,000円

歩かずに行く 8,000m峰五座大展望

川蔵公路・中ネ公路から「世界の屋根」チベット高原へ。チョモランマ(エベレスト)、チョー・オユー、シシャパンマ、 3つのベースキャンプを訪問。8,000m峰展望にこだわった旅。
日数12日間 料金548,000円
 

聖地カイラス山巡礼とグゲ王国

荒涼たるチベット高原を駆け抜けカシュガルまで大走破。聖なるカイラス山を完全一周、四駆と徒歩のゆとりある行程。カシミール様式の多くの壁画を残すグゲ王国の故地も訪問。
日数19日間 料金798,000円

歩かずに行く
聖地カイラス山展望とグゲ王国の遺跡を訪ねて

チャンタン高原完全一周!蔵北無人区を行く。カイラス山南面を展望するタルボチェ訪問と天空の大画廊グゲ王国の遺跡を見学。チベット再訪の方にもおすすめなコース。
日数16日間 料金698,000円
 

青蔵鉄道で行くチベットの旅

冬・青々とした空が澄み渡る巡礼シーズンのチベットへ。ラサでは5つ星ホテル「セントレジス・ラサリゾート」に3連泊。チベット発祥の地ツェタンやツォンカパ誕生のタール寺も訪問。
日数8日間 料金328,000~368,000円

氷の別世界・九寨溝と厳冬のアムドへ

静寂に包まれた神秘的な冬の九寨溝と、巡礼シーズンを迎える東北チベット・アムドを巡る。九寨溝では5ツ星ホテルに2連泊。ラブラン寺を有する夏河の町ではゆとりの3連泊。
日数9日間 料金298,000円~338,000円
     

【個人旅行・フリープラン】チベットの旅

天上の都・ラサ フリープラン 5日間

太陽の都ラサまで効率の良い旅を実現!ガイド同行のフリープランで自由な旅行の組み立てが可能です。オプショナル・ツアーも充実のラインナップ!
日数5日間 料金178,000円~248,000円
 

天上の都・ラサ ガイド・車付き
あんしんプラン5日間

太陽の都ラサまで効率の良い旅を実現! もちろん、ラサのみどころはしっかりと見学。短い期間で効率良く成都ラサを観光したい人にお勧めです。
日数5日間 料金198,000円~258,000円

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く!
天上の都・ラサ フリープラン7日間

世界最高所を走るチベット初の鉄道に乗って太陽の都・ラサへ! 青海省の省都・西寧からラサまで青蔵鉄道に乗車します。ラサではガイド同行で自由に観光。
日数7日間 料金208,000円~238,000円
 

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く!
天上の都・ラサ ガイド・車付きあんしんプラン7日間

青海省の省都・西寧からラサまで青蔵鉄道に乗車します。ガイド&専用車付きのプランで、観光内容も充実!専用車で効率よく観光地を巡ります。
日数7日間 料金218,000円~298,000円

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く! 天上の都・ラサと神話の地・ツェタン二都市周遊プラン8日間

青蔵鉄道でラサへ!チベット自治区では、ラサ・ツェタンの二都市を周遊し、紺碧のヤムドゥク湖や伝説の王宮ヨンブ・ラカン、立体マンダラの名刹サムエ寺も訪問します。
日数8日間 料金308,000円~388,000円
 

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く!
天上世界を巡る チベット四都周遊11日間

青蔵鉄道でラサへ!チベット自治区では、ラサ・ツェタン・ギャンツェ・シガツェの4都市を周遊。各都市の観光に加え、ヤムドゥク湖やサムエ寺も訪れるチベット旅行の決定版!
日数11日間 料金398,000円~488,000円

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く!
エベレスト・ベースキャンプとチベット周遊11日間

チベット高原を走り抜け、世界最高峰エベレスト(チョモランマ)の麓へ。 世界最高所を駆けるチベット初の鉄道-青蔵鉄道-にも乗車。ヒマラヤ山脈の雄大な景色も堪能できる旅
日数11日間 料金詳細はお問い合わせください
 

空駆ける列車 青蔵鉄道で行く!
チベット大縦断 ~チベットからネパールへ~

一度は訪れたい憧れの青蔵公路、中ネ公路を大走破!チョモランマベースキャンプにも立ち寄り世界最高峰を展望。世界最高所を駆けるチベット初の鉄道-青蔵鉄道-にも乗車。
日数11日間 料金詳細はお問い合わせください

今後さらに、季節限定企画などのチベットツアーを追加発表予定です。